当時は、タモリさんが「笑っていいとも」に毎日出演されていたので、 ブラタモリ1-3シリーズは東京や横浜近辺での街歩きが中心で、一般の人が入れない多くの場所にスポットをあてて、話題を提供してくれました。 撮影:小出寿顕• 〜 北海道、 56 12月10日 〜黄金の都・平泉はなぜ栄えた? 第1回目のレギュラー放送が2009年10月1日から開始される直前、パイロット版が2009年9月25日の0:10 - 0:53(JST)に再放送されることになっていた。 〜 神奈川県横浜市 39 5月21日 志摩 〜志摩の宝は絶景が生んだ! パイロット放送版の初回放送日は、2008年11月23日の0:10 - 0:53(JST)の放送予定だったが、放送当日にで発生した関連のに差し替えられ、同年12月14日(放送時間は同じ)に放送日が振り替えられた。

1
2010年8月NHKの先輩職員と結婚 2代目アシスタント 首藤奈知子アナウンサー• 大川義弘(第13、24回)• また、ブログでも これまで、福岡の皆様に教えていただいたこと、学んだことを生かせるよう努力を続けて、少しでも皆様にお役に立てるように頑張っていきたいと思います。

ブラタモリの歴代アナウンサーの現在は? ブラタモリ歴代2代目アナは NHKの首藤奈知子(しゅどうなちこ)アナでした。 しかし、NHKの番組としては珍しく、タモリはをあまり気にせずを交えてが進められる。

さて、浅野里香アナとタモリさんの相性はどうでしょう!? 画像を見る限り「しっくりくる」感じがしますよね。

絵図 5 11月25日• 〜 123 1月19日 水の街・ローマ 〜ローマは水なしにしてならず! (キャスター・2019年7月26日、10月25日)• 結果、わからないことがあると、あいまいにうなずきながら質問し、面白い時は笑い、びっくりすると普通に驚き、まさにその年齢のひとりの女性としての「素」のリアクションをしていますよね。

7
杉澤賢太郎(第3、4、16、17回)• 蒲地高志(第9回)• 趣味は「ホットヨガ」「スイーツ巡り」。 御江戸大絵圖() 15 3月11日• 芸人が出演する番組ではボケ倒すのを仕切って、次の展開に進んで行ったりすることもありますが、ブラタモリではリアクション重視となっています。

大日本改正東京全図神田区() 13 2月4日• 後藤洋二(第21回)• 増補改正今井谷六本木赤坂繪図• 海老原正倫(第1、2、5、6、8、10、13、14、18回)• あまり記憶に残っていない、久保田アナに慣れ親しんだ後だったので少々違和感を感じた憶えあり。 あまり勉強をしない。

福岡放送局時代(2016〜2017年)• 他番組では聞き役に徹することの多いタモリだが、本番組では自らロケをリードする役回りを担っており、スタッフは司会であった(NHKアナウンサー)に事前の下調べを禁じ、ロケについての説明もほとんど行っていないという。

岸本廣(第5、6回)• 表裏があるようには見えませんね。 「」 - 2017年9月15日発売• スペシャル 「決戦! 歴代アシスタント。 2020年度は毎週火曜日 23:45 - 0:30に再放送のほか、月に一度(4月と5月は第1週、6月は第2週、7月と8月と9月と10月は第4週、11月は第3週)の当該時間帯に たけしのその時カメラは回っていたが放送されている。

12
」 客人「そうかい、だけどさっき おうなんとかって言ってなかったかい。

内尾悟(第6回)• 深夜放送でありながら高視聴率を記録し、視聴者からの反響も良かったことからレギュラー番組への昇格が決まり 、翌2009年10月1日から2010年3月11日まで、毎週木曜の22:00 - 22:43(JST)のタイムで、43分番組としてのレギュラー版が全15回放送された。 宮本岳彦(第17回)• 同番組のプロデューサーである尾関さんは自身の著書『時代をつかむ!ブラブラ仕事術』という本も発売されているんですね。

6
趣味はピアノ、旅行、料理、お菓子作り。 タモリはん の嫌いなタイプでは、なさそうだね。

五十嵐浩暢(第1、9、11、12、13回)• の写真(役所所有)• 沖縄県、および、を訪れた。 地図提供:人文社、ゼンリン、古地図史料出版、国立国会図書館、東京地図研究社、首都大学東京、公和印刷、昭文社• さんというらしい。 。

16
正月のスペシャルとその完全版のみに起用されているので、代打的起用となっています。 NHKは13日、新年度の番組編成、主な番組キャスターの人事などを発表。

』が終了してからはタモリのスケジュールに余裕が生じたこともあり、第4シリーズからは地方ロケも行われている。 具志堅明(第4回)• 」 「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!」 などのアシスタントとして見ない日はほとんどない大活躍してますね! また、学生時代から、 名字を音・訓読みにして「リンダ」というニックネームで呼ばれていたそうですが、現在も視聴者の間では「リンダ」や「リンダちゃん」と呼ばれて親しまれています。

卒業する林田アナは、「2年前、『ブラタモリ』を担当することになった時、タモリさんから『仕事をするな』とアドバイスをいただいて、どういう意味なんだろと自分なりに考えてきました。 20年度からは「ブラタモリ」(土曜午後7時30分)に、浅野里香アナウンサー(26)を起用すると発表した。