課長は、安達芳男(山本徹大)です。

父が冤罪だったと後で知った圭右の復讐です。 松井浩史(古河耕史)が死亡して、今度は床に「J」の文字。

さらに、弁護士の松井浩史(古河耕史)が死亡するという第2の事件も発生。 次はいつ特捜班と会えるのかも待ち遠しい。

11
連続事件として捜査をしない特捜班に所轄の佐野は苛立つが、特捜班の地道な捜査がやがて真実にたどり着く。 正義感が誰よりも強くて、真っ直ぐな性格です。

大学の法医学研究室から転職してきました。

4
この投稿にファンからは、 「大変な中 おつかれさまでした」 「お疲れさま 来年も新藤見たい、、、、、」 「親子で楽しみにしているドラマです」 「素晴らしいスタッフさん達だったんだね またお仕事出来るといいね」 などのコメントが続々と寄せられている。 高森大臣夫妻の夫婦関係は最悪な状態だったそうです。

直樹たちは、この事件に国木田が何ら関係しているのではないか、という疑惑の目を向ける。 子育て優先のために9時出社5時退社の生活をしており、謎だらけの人物です。 ラストシーンの「死ぬよな」と「死ぬなよ」の件は、合格、OKをスタッフとキャストに山田裕貴さんが貰ったということになるのでしょう。

18
組織犯罪対策部と特捜、折り合いが悪そうです。 宗方が面倒を見ている子供です。

新スタートという感じになるようです。 西島が警察を辞めた後も独自に捜査していたこと、手帳には真犯人が書いてあっただろうこと、そして、返り討ちにあったであろうことがわかった。 相澤麗美:水沢エレナ 警備会社・中央セキュリティの社員、万引きGメン• 良くも悪くもない。

6
検事に誘導されて、つい父に対する疑いを強めてしまい、アリバイ崩しに直結する証言をしてしまいました。

しかしストーカー井上はすでに殺害されていた。 さらに鑑識医の真澄(原沙知絵)は、被害者の頬を殴った人物は指輪をしていたと鑑定する。 国木田は直輝たちとわかりあった。

7
あと半日しか残されていません。 子育て重視であまり働いていないようにも見えますが、直樹に事件解決のヒントとなることを言ってみたりと、ただ者ではなさそう。

宗方は、今回の事件と5年前の事件、そして9係解散の原因となった1年前の事件はすべて繋がっていると考えていた。 聡太郎(役:川勝雄志) 川勝雄志・・・川勝雄太郎の息子で秘書。

8
直樹は9係の係長だった加納倫太郎の娘、石川倫子と長い交際期間を経てついに結婚しました。