お試し引換券祭りの商品内容はツイッターでわかる! スマホくじの開催情報でお試し引換券祭りがあるのでは?と分かったものの気になる商品一覧ってわかりませんよね! 過去のお祭りでは、当日まで公式サイトやローソンアプリでの商品一覧は確認できませんでした。 リクルートカードを利用する もはやPontaポイント民にとっては欠かせないリクルートカード。

16
お菓子や飲み物、アイスなどいろいろな商品が対象となりますので、気になった商品があればぜひ使ってみて下さいね。

小技2:翌日の7時過ぎに再チェック こちらもローソンアプリを活用する方法ですが、先述した通り、人気商品は数時間で上限個数に達してしまい、発券終了になってしまいます。 アプリで参加、Loppiで参加、やりたい方は是非。 コロナの影響で人がいる時間をできるだけ避けようと朝5時頃に行ってきました。

余談ですが、前カードを提示した時に「0円なのでポイントは…」と店員さんに言われたことがあります。 発券すると30分以内に使わなければならないので、発券するのはお店で商品を手に取ってからにしましょう 売り切れの場合があるため。

欲しい商品をガチで取ろうとすると、予約開始時間 朝7:00 にスタンバイするなど気合を入れる必要がありますが、ゆるくやってもそれなりにお得です。 Loppiで発券• Loppiで発券• カルピスウォーターボトルアイスは本体価格120円ですが、60ポイントでゲットする事ができました。 それ以上の商品のお試し引換券を入手したい場合はロッピーを利用します。

15
ただし、 出現は固定されても購入できるアイテムが変化しないため、日付を行き来する固定方法は使えない。 発券開始直後は端末が繋がりにくくなる 人気の商品を確実に手に入れたいなら、発券開始直後に手続きをすることがベストです。

どのデザインのアイテムを入手できるかは購入するまでわからず、1回の訪問で1種類しか売ってくれないため、見かけたら購入しておこう。 5円以上が赤枠 6円以上には赤枠プラス数字に青枠 7円以上のものは上記プラス緑で軽く塗ってみました 作戦のお役に立てれば、、。

19
これが意外と多くて、翌日の7:15〜7:30にローソンアプリをチェックすると、発券可能な場合がありますので要チェックです。 ステップ3. 上限に達してしまうと、発行できなくなります。

かれこれ、1年ほどポン活を実践してみて、分かってきた事がありますので、お知らせしますね。 Loppiで発券すると何枚でも発券可能! アプリでの予約は一度に3枚までですが、Loppiだと制限がないようです。 dショッピング、dデリバリー、dファッション、dブック、dトラベル等の各種サービスの利用額に対し、ポイントが20倍付与されるという太っ腹なキャンペーンです。

19
1ポイントが3円近い価値に昇華されます。

人気商品はアイス・チョコレート・ポテチなど(アイスがダントツ人気). まずはローソンアプリをダウンロードしましょう。 ただし、時間変更をするとデメリットもあるので、変更しても問題ない時に行おう。

たまにポイント還元祭で〇時~〇時まで対象商品を購入すると 30ポイント還元や対象商品のパン1個につき 10ポイント還元などイベントの時は必ずポイントを貯めてました。

ローソンに行く事ができる時間帯が定まっていないので、その時の状況によって使い分けているとも言えます。

14
お試し引換券祭り3日間の合計ですが 日付 商品合計 ポイント消費 4月17日(お祭り3日目) 1,401円 210ポイント 4月18日(お祭り4日目) 985円 180ポイント 4月19日(お祭り5日目) 1539円 240ポイント 合計 3925円 630ポイント という結果です。 店舗に置いてある、冊子を持って帰ります。

雪見大福:30P• 私はメインで利用するクレジットカードを変更した事で、お得にポン活を実践する事ができています。

6
セルフレジも大事ですが、Loppiの刷新を進めて欲しいところです。

しかし、アプリが改善されて、3枚のバーコードが一度に表示できるようになりました! 以前よりもバーコード表示がスムーズにできるようになりました! Pontaカードとdカードでそれぞれ3枚ずつバーコードを表示させる時には、「利用カードの切り替え」をしなくてはいけないので、相変わらず、スクリーンショットをしていた方が、レジでスムーズに変わりはありません。 交換がPM 5:00〜なのですが、開始直後は 回線が混み合ってまともに発券が出来ませんのでご注意ください。 ロッピーで発券すればいいのですが、私の生活エリアのローソンは結構ロッピー使う人が多いので、時間かけるのがね……。

4
小技2:翌日の7時過ぎに再チェック こちらもローソンアプリを活用する方法ですが、先述した通り、人気商品は数時間で上限個数に達してしまい、発券終了になってしまいます。