すべてのメニューには後追いでかけるタレも添えられています 創業以来、手づくりしている甘めのタレは販売もしています。 だから冷めても柔らかくておいしい。 ここ一品は素材がすばらしいはもちろんですが、調理も丁寧ですばらしいことが特徴として挙げられます。

6
Contents•。 北海道の丼といえばまず、新鮮な海の幸てんこ盛りの海鮮丼が思い浮かぶが、忘れちゃあいけないのが豚丼だ。

肉大盛り プラス150円 メニューは至ってシンプル。 ただどの肉を選んでもおいしさは変わりません。

20
電話番号:0155-41-1789 住所:北海道帯広市西二十一条南3-5 交通手段: JR根室本線帯広駅 車15分 西帯広駅から1,914m 営業時間: 11:00~21:00ランチ営業、日曜営業 定休日 元日 帯広豚丼ランキング4位 豚丼のぶたはげ 帯広駅からアクセス抜群なのが豚丼のぶたはげ!その場所は帯広駅に隣接するエスタ帯広という駅ビルの西館1階にあります。 バラ肉は道産で脂身と赤身のバランスがよいものを厳選し、ロース肉は道産ブランドの希少な「かみこみ肉」を使用しています。

帯広名物豚丼発祥のお店 「松」900円、「竹」は1000円、「梅」1100円、「華」1300円 出典: 元祖豚丼のぱんちょう 昭和8年創業の「元祖豚丼のぱんちょう」。 例えば、帯広の豚丼というとロースが一般的ですが、とん田ではロース、ヒレ、バラと3種類もの豚肉から選ぶことができます。 お土産にぜひどうぞ。

14
元祖と言われるだけあって、観光シーズンになると行列ができます。 「ヒレ豚丼」950円や「ミックス丼」950円など種類豊富なのも嬉しい 食肉加工卸会社が運営する炭火焼豚丼の専門店「ぶたいち」では、お肉をオリジナルのタレに漬けこみ、焼く直前まで真空で低温熟成させるのが特徴。

すごいです。

16
「豚丼 半盛肉」は味噌汁、漬物付きで780円。

帯広豚丼の定番ならロース、脂身の甘みも楽しみたいならバラ、あっさりめとした味わいが好みの方はヒレがおすすめ。

スタミナを目指した「うな丼」風 「十勝の豚丼は要するに、うな丼なんですよ」。

特にお店からの眺望が綺麗ということでも有名です。 ゆっくりと旨みを蓄えたお肉は、ジューシーでとてもやわらか!お肉はもちろん、タレの材料にも北海道産にこだわっています。 しかし、これはこれでクセになりそうなうまさだ。

帯広豚丼ランキング1位 ぶた丼のとん田 行列必至! 北海道帯広名物豚丼の名店「とん田」。 その中から今回は、現地でも人気の店に取材して、豚丼のこぼれ話を拾ってきた。