この日はクリスマスに向けた新作ケーキのスポンジ選び。 価格は 594円。 一番売れているのはチョコが入った「チョコバッキー(6本入り)」(280円+税)。

10
糖質をカットしているのに、なぜ普通と変わらないおいしさになるのか。 するとロードサイドの格安スイーツは大評判となり、一大洋菓子チェーンに発展するのだ。

関連記事• スポンサーリンク YATSUDOKI(ヤツドキ)シャトレーゼ 須玉店 私たちが行ったのは、シャトレーゼ須玉店。 第2位は八ヶ岳南牧村の「しぼりたて牛乳のカスタードシュー」(250円+税)。 「シャトレーゼ・プレミアム・ヤツドキということで、一段上の商品を作っていこうと。

4
こうした素材へのこだわりは「ヤツドキ」もシャトレーゼも同じだ。 というわけで、温めなくても十分おいしいことが、判明! それは「プレジデント制度」。

郊外型店舗• いちごショートケーキ:540円 税抜• 糖質カットのどらやきを作るのに欠かせなかったのが味覚センサーという機械だ。 南アルプスで磨かれた雑味の混じらない白州の名水が使いたい放題。

あらゆる食品の味を数値化できるという。 しかし、齊藤はまだ満足していない。

八ヶ岳工房牧場1400m自然の恵み豊かなやつがたけの大地が育んだ卵や牛乳を使用した商品• でもシャトレーゼと言っていいか分からないけどヤツドキのシュークリームも美味しかったです😊😊 — 髪の毛チーズ nogizaka1029 発酵バターの良い香りと中のたっぷりのカスタードが絶妙にマッチ! 八ヶ岳南牧村契約農場しぼりたて牛乳で、濃厚贅沢なカスタードクリームです。 500万円の時計とプレジデント制度 シャトレーゼ大躍進のきっかけは、齊藤会長の持っている時計だという。

それを断れば取引は終わった。

大きな苺のショートケーキは300円+税、チーズケーキは200円+税、オリジナルのアイスは1本60円と、どれも買いやすいお値打ち価格だ。 400種類を超える商品を自社製造し販売している。 今まではやってこなかった提案をするプレジデントも現れた。

9
我々はプレミアムな商品を皆さんの手が届く価格まで下げてリーズナブルに提供したい」と ヤツドキはシャトレーゼの一段上のおいしさをアピールするための店。 サクッとしたパイ生地とリンゴの組み合わせがたまらない 「アップルパイ」。

「おいしいかまずいかの決め手は酸です。

13
それがシュークリーム作りの自動化だった。 マドレーヌ・フィナンシェ• 搾りたてで鮮度抜群の牛乳が常に手に入る。

今日は、シャトレーゼから通販限定で発売された「アップルパイ」を紹介します。 ワイン お酒も色々並べられていました 樽出し生ワイン• そのラインの原型はシャトレーゼが作ったんです」(齊藤) 当時、傷みやすい生菓子を機械で生産しているところはほとんどなかった。

7
YATSUDOKI阪急御影駅前店舗内の様子• これをトースターで8〜10分焼くのですが、私焼かずに食べるとどうなのかな?と思ったのです! いいものを使っていることが一番気に入ったところです」 「ヤツドキ」の売り上げベスト3は、第3位が八ヶ岳明野町・契約農場の「うみたて卵のプリン」(250円+税)。