「奥様は英語が得意でいらっしゃると存じ上げております」• 類語:「お時間いただきたく存じます」•。 件名に「お見積もりのご依頼」• 「営業部からの報告書についてお目通し願います」• 「覚えている」だけではなく、覚えたことを忘れないようにして、いつでも意識している意味合いで使用されます。 ビジネスで使えるご留意の例文 敬意が込められた言葉であるご留意は、会話や文書におけるさまざまな場面で応用できます。

配布サンプルには限りがありますので、その点をお含みおきください。

いらっしゃいますか• 「お含みおきください」とすることで、尊敬表現となります。 お願い申し上げます• ご注意との使い分けは? 間違えやすい言葉としてよく比較されるご留意とご注意は、聞き間違いも発生しやすい言葉です。 2:「至急お返事をいただかないと予定の期日には間に合わない旨、お含みおきくださいませ」 こちらの例文を意訳すると、「早く連絡をもらわないと、期日には間に合わなくなりますよ」となります。

9
お伺いします• 「どうぞよろしくお願いします」• 「ご教示の程お願いいたします」• 「承知」の「承」が「承る」をイメージさせることから謙譲の語感があり、相手の動作に対して使うのは失礼です。 「お目汚しかとは思いますが、企画書を作りました」• 「お取り計らいのほど宜しくお願い申し上げます」• この場合の『note』は、「~に注意する・気に留める・気づく」という意味の動詞です。

「〇〇課の〇〇さんはいらっしゃいますか?」• その他の気をつけたい目上の方へ使うビジネス敬語 最後に、「ご承知おきください」以外に気を付けたい目上の人に対して使うビジネス敬語をご紹介させていただきます。

つきましては• 「心よりお待ちしております」• いざというときのために、会話や文書での表現方法を覚えておくと安心です。

「対応させていただきます」• 「貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます」• 先の「ご承知おきください」も同じようなニュアンスを持って使われることが多いでしょう。

公共交通機関の乱れによって、イベント開始時間を遅らせることもありますので、予めお含みおきください。 ご承知やご配慮など類似表現も多いため、場面に合わせて適切な言い回しを選択することがポイントです。

承知という語は基本的に謙譲語として用います。 ご依頼• 意味は「日頃から気に掛けてくださって、本当にありがとうございます」• 「ご容赦ください」は、自分の失態に対して相手に「どうか許してください」というお願いを込めて使います。

3
どうぞお含みおきください。 ですから「お含みおきください」は失礼のない言葉です。

そのため、基本的には事前に相手を納得させるだけの説明があった後に使われます。

ご不便をおかけしますが• 似た言葉もあるため、そのいくつかと意味の違いを挙げてみましょう。 お返事にはお時間をいただきますことを、予めご了承ください」というように使いますよ。

お含みおきください 読み方: おふくみおきください 意味:相手に対し、事情をよく理解して心に留めて欲しいときに、相手を敬って言う言葉。 しかし、「ご了承ください」は、注意書きなど文章の最後に添えられることはあっても、面と向かって話す際に使われることは、あまりありません。 意味は「内容を理解する」と「お引き受けする」の2つある• 「当ウェブサイトをご利用の際は記載事項について予め ご了承くださいますようお願い申し上げます。

12
問題ございません• 「心よりお悔やみ申し上げます」• 「ご〜ください」の「ご」は尊敬を表す接頭語で、「ください」は丁寧語になります。 ただし、『ご住所』『ご心配』などといった言葉のように単独で使用されることはあまりありません。

その事柄を心に留める、気を付けるなどの意味。 意味は「事情などを理解する」「ある出来事を心の中に留めておく」• 電話で名乗る前後に「いつもお世話になっています」• 外からは見えないものですが、注意すれば見えてくるものです。

「ご了承願います」は、 尊敬語の「ご」+「承諾する」を意味する「了承」+「願う」の丁寧語「願います」が組み合わさった表現です。 「この度は私共のご案内に不手際があり、誠に申し訳ございませんでした」• ご留意いただけますと幸いです あることを気に留めてもらうよう、お願いしたり依頼したりする気持ちを表したい場合は、「ご留意いただけますと幸いです」という表現が使えます。