」(または、イラツク)と、口にしてしまうる。ひどいときには絶え間なく連発する子供もいる。 例えば• 言葉は大切です。

子供たちのコミュニケーションがタブーレスになってしまっている様に感じます。

頑張れ• すべて自分ごと。

2
「ふわふわことば」と「ちくちくことば」の意味 人は、生きていくためにはいろんな人と関わり、言葉を交わしながらコミュニケーションをとっています。 敬称などどうでもいい。• 「自分自身に満足しているか」との問いに「イエス」と答えた日本の若者は半数以下だった、というデータがあるなど、日本は、先進国の中でも自己肯定感の低い人が多いといわれています。

例えば、取引先からほめられたとき「とんでもございません」「たいしたことではありません」などと謙遜することはありませんか?相手も「控え目に答えているのだろう」とは思いますが、言い方によっては言葉を否定されたように受け取られてしまうかもしれません。

13
ムカツキが沸点に達したとき、キレる。• まず子どもたちの言葉遣いが「悪くなっている」、という本稿の前提は違うと思いました。

ふざけんな• 嬉しいね」。

そして「ふわふわ言葉」と「チクチク言葉」の違いを学んだ子ども達は、 「これからは、ふわふわ言葉をたくさん言うようにしたいです」 「チクチク言葉は使わないようにしたいです」 と授業のまとめを、微笑ましく発表していました。 だからこそ、相手への思いやりを忘れないで言葉を選ぶべきだと思います 小学校で習う ふわふわことばですが、小さい子どもから ふわふわことばは使えるので、たくさん伝えてほしいと思います。

私も昔、「言葉には力があるから、良くない言葉・否定的な言葉を言ったり言われ続けてはいけない」と、どこかで(母親から?学校で?)習ったような気がしますが、小学校1年生ではなくて、もっと大きくなってからだったと思います。 けれど、いつも私は「たべてね」の方を使いますし、私の母は遠方に住んでいるので滅多に会いません。 お互いの関係が良好なときに使う分には親近感もかもし出すかも知れませんが、一旦関係が険悪になったときに、「乱暴な言葉」は灯に油を注ぐ役目になります。

3
「ちくちく言葉」を「ふわふわ言葉」に変えると考え方や価値観にも影響が 周りの人に投げかけられた言葉によって気持ちが沈んだり、反対にモチベーションが上がったり…。 。

(文責:当協会代表理事 工藤紀子). そしてお笑いだけではなく、ドラマやバラエティ等、TVを通じての影響は計り知れないものがあります。日本テレビで1994年ごろに放映されたドラマ「家なき子」の中学生女子の主人公(安達祐実)は、「同情するなら金をくれ」という名セリフ? よいクラス、よい社会を作っていくための人との関係の持ち方、心のあり方の問題として、年間を通じて根気のよい指導が必要だと思います。 学校内で教師間に言語環境の整備についての共通認識が必要です。 ある学級では先生とは友達づきあいで「タメ口」をきき、乱暴な言葉を学級の中でも使う。ある学級では先生にはきちんと話し、乱暴な言葉も控えている。 そんな使い分けが子供達の中にあるのは、ある程度仕方のない部分もあるようにも思えます。 家庭や職場などでは「ちくちくことば」を見聞きすることが多く、実は、大人にこそ「ふわふわことば」が必要なのではないでしょうか? 毎日、自分と接する人に「ふわふわことば」を伝え続けていたら、どんなにまわりから信頼され幸せな気持ちになるでしょう。 ひとまず、乱暴な言葉を止めることは、現場の救急的措置として必要だと思います。

17
雰囲気のいい場所、悪い場所では、使われている「言葉」が違う 「言葉はキャッチボール」といわれるように、どのような「言葉のボール」をキャッチするかによって、受け手の感情は変わります。

ここでは、ふわふわことばについてまとめてみました。

5
それも子供にとっては社会勉強でもあるかも知れません。タメ口や乱暴な言葉を使うことを許してくれる先生が子供の気持ちをよくわかってくれる先生である場合もあるでしょう(一般的に若い先生ですね)。 名前の後ろに「~君」「~さん」の敬称をつけるのかつけないのか、担任によってずいぶん見解が違うものです。• まして直接的に言われた相手はたまったものではないでしょうし、間接的に聞いてしまう回りの子供たちにも大きなストレス源になるでしょう。 いつ、どこで「乱暴な言葉」をが生まれ、それを覚えてくるのか。 お笑いブームは言語環境に大きく(悪く)影響したと思います。 乱暴な言葉を使うことによって相手との距離感を縮め、親しみを表している。 等、「ドアホ」は乱暴であっても相手をある程度いい意味で捉えている表現である場合があります。

・ 1980年代の短小軽薄、いわゆる「お笑いブーム」以降、本音を口にすることが美徳であるかのような雰囲気が蔓延し、若い層を中心に心に浮かんだことをすぐに言ってしまう傾向が出てきたように思います。・・・ここで言う「昔」と「現代(今頃)」は、「お笑いブーム」の前後で分けることにしてみます。ハッキリといつからが境目なのかは言いにくいのですが、漫才ブームたけなわの1980年辺りが転換点であったように思います。この時期以降、いろんな方面でボーダレス化・タブーレス化が進みましだが、言葉の面でも1980年辺りを境にして、どんどんと悪い方向へ傾いていったように思います。

20
すごいね。