彼らはすでに勝った気でいる、そうだろグライム。

12
(、) - ()• 最後にトラウドゥル・ユンゲ本人のインタビュー映像が流れ、映画当時の時代を総括し、映画は幕を閉じる。

言い返したとしても、ヒトラーは激昂。

19
また、ヒトラーと高官たちの議論シーンは、動画サイトやナチス題材の映画でパロディに使われていることでも有名です。

のを背景に、のにおける最期の日々を描く。 Die russische Batterie ist bei Marzahn in Stellung gegangen. ()(機械室担当) -• 本編に20分の未公開シーンを追加。

15
まだ戦闘状態なわけですから安全のためヘルメットは必要でしたよね。

ののっただが、総統閣下シリーズではこれといった活躍もなく、ほとんどただいるだけの存在。

13
閣下に言いたいことが」 リンゲ「もうしばしお待ちを」 ヒトラー「空軍で彼は何を成功させた?!奴は一人で処罰されるべきだ! この麻薬中毒者はワシの下でずっと腐り続けた! 挙句に、このワシを裏切った!ワシを裏切った!! 私はゲーリングのすべての職と権限を剥奪する。

(親衛隊中佐、ヒトラーの侍医) - ()• もうこうなったからにはルビコンにを捨ててしまうのだ! 全アー人はを以ってなどという的発想を捨て「ホーホゥーア」、つまりではカルチャーと呼称すべきである!! ああ、卑賤なる偸安者よ、今すぐ・を去れ!! 苟も知的を持ちがを崇高なるアー人である諸君は、須べからずホーホゥーアをもまたさなければならないのである!!! ついでに言えばもアー人の子孫と説明されていることを忘れてはならない! 手を繋ぎ共に携え深淵に落だ!! イヒ・シュヴョーレ・・ウンシュッターリッヘ・イエ! ル・!! ・ル!! ル・ーーーー!!11!!1!!! 民啓・宣伝大臣兼防衛総監 パ・ヨーゼフ・ 総統閣下と愉快な部下達 (9~15)。 モーンケたちは敗残部隊と合流するが、ソ連軍に包囲されて降伏する。

3
暗い物語の最後は少し明るく終わらせたいという、製作者の意図が感じられます。 総統とコラーの電話 日本語訳 ヒトラー「ブルクドルフ、どうした?どこかで射撃でもしているのか?」 ブルクドルフ「閣下、私はこんな誕生日を祝福できるでしょうか? 閣下、ベルリンの中心に向かって砲撃です! 砲撃はブランデンブルグ門や議事堂、フリードリッヒ通り駅を破壊しました」 ヒトラー「どこからの砲撃だ!?」 ブルクドルフ「閣下、私たちにはまだわかりません。

ではドイツ語を英語字幕で面白おかしく置き換えたものが投稿され、話題となった。 All die anderen, Ja, Ja, Ja, Ja, Ja! 600万人のユダヤ人や人種の違う人々が無残に殺されたと。 () - ()• Hitler:Von wo kommt der Beschuss? und seinem historischen Rang schuldig! つまり、これは彼による裏切りです」 ヘーヴェル「ゲーリングの懸念ももっともだ。

2
総統がすぐ近くにいるのに、酒盛りばかりしていて。 の・・のでは、のシュビー自身が「から大量に送られてくるのを見て大笑いしている」と楽しんでいる様子が見受けられた。

4月22日、地下壕ではソ連軍に対処するための作戦会議が開かれる。 日本においても、このシーンのパロディは多く存在する。 だが誰も理解しようとしなかった、部下も親友もだ! 我々は可能性を持っていた!列強に手をかけたのだ!だが遅すぎた! 私は利益を保つため、照準を当てたユダヤ人と戦い、ドイツの生存権からユダヤ人を排除してきたのだ! 私は歩み寄りから簡単に落ちたのだ。

1
Ich sage immer Mitleid zu haben mit den Schwachen ist Verrat gegen die Natur! (陸軍大将、OKW筆頭副官) - ()• 迫りくるソ連軍から身を守るため、ナチス党総統アドルフ・ヒトラー(ブルーノ・ガンツ)は、ごく限られた身内や側近たちと共にドイツ首相官邸の地下にある要塞へ退却。

Jeder hat mich belogen, sogar die SS! 私はそれを言うべきだった。 淡々と描かれているので一人一人の詳しい描写が無い事がやっぱり戦争中の命の軽さを表してる ヒトラー夫妻のためにガソリンを危ない中忙しい中持ってこさせる傲慢っぷりは見てて腹が立つ。 ペーター・ツは人物。

3
やがて側近たちの逃亡、裏切りが相次ぎ、ヒトラーは最終決戦を決意する。 グライムとライチュが地下壕を退去した後、トラウドゥルはヒトラーに呼び出されて ()のタイプを依頼される。