幼い頃に誘拐され高木竜之介に助けられた過去をもつ。

14
倉庫の監視カメラの映像を見た藤丸は、敷村 神保悟志さん がマヤ 吉瀬美智子さん に銃をつきつけられていると気付きます。 また、親族と思われる女性が藤丸の前に姿を現している。

ウイルステロ事件の指揮をとる。 その正体は、藤丸たちの後輩である安斎真子である。 黒いパーカーの袖が長めで、萌え袖になっているのとかあざと可愛くて堪らん!!!ってなってた。

父が無実の罪で逮捕されたことや、ブラッディマンディが深く関与していることを知った藤丸は、川島海荷さん演じた腎臓病を患う妹・遥などを命の危機から救うべく、持ち前の頭脳とハッキング能力を活かした行動力やサスペンス要素に、中毒者続出! 親友の九条音弥役の佐藤健さんの存在感も、三浦さんと共にそのかっこよさが話題になっていましたね。

あとがき パニック系のドラマが大好きなので、楽しかった! 鷹が飛ぶ演出が好きだったな。 12年が経った時にみるブラッディ・マンディは、当時見た気持ちと違うと思うので、どんなふうに感じるか予想がつかないです。 事件から1年後、東京で開催される12か国首脳会談の警備に駆り出された『THIRD-i』。

3
敷村教授は以前(season1)に国に見捨てられ、テロの一味として、非国民的扱いを受けて死んでいた。

その意外な正体は? 組織構造は『Cユニット』なる部隊名が明らかとなっているが、詳細は不明。

藤丸が『ファルコン』であることを以前から知っており、ハッキング行為や竜之介の仕事の手伝いについても藤丸本人から聞かされている(藤丸はこのことを「バックアップ」と称している)。 感想 第1話 最後が凄すぎでしょう!あおいが死ぬなんて全く予想できない。

加納や南海とともに最前線で活動するほか、藤丸の妹・遥 川島海荷 の警備を担当する。 その考えに妄信した事で『神の手』(中性子爆弾)という『力』をちらつかせて革命を成し遂げる事も可能なはずという自身の考えを訴えたユダを「痴れ者」と一蹴した。 『BLOODY-X』に感染。

20
父である神島紫門曰くJは自身の祖母(曾祖母については神島紫門が存在を語っているのみで直接の登場はない)に(特にアッシュグレイの髪の色が)似てきているらしい。

テロ事件を担当する。

1
色んなドラマに出ててすげーかっこいい役も多かったしめちゃくちゃショックデカすぎ… きっと三浦春馬と再開してブラッディ・マンデイを止めてくれるてるかもね… ご冥福をお祈りします。 テレ東で歌ったこの『24000回のキッス』は、病的なほどの仰々さを秘めたエキサイティングな歌唱で、一度見たときから忘れられない。