主人公ベルの目標であり憧れの人という立場。 イシュタルの動きを内偵していたフレイヤは、イシュタルとの全面戦争を決断し、フレイヤたちの一気果敢な攻勢により歓楽街は大混乱となり、イシュタルの団員たちは悉く打ち倒され、最後に残ったフリュネはオッタルに徹底的に痛めつけられる。 ベルは冒険者に追われていたと出会い、彼女を助けるために冒険者を追い払う。

4
イシュタルファミリアで攻略したときは20〜30人のレベル3とレベル5のフリュネを動員してようやく倒すので無謀もいいとこです。 本編 第9巻 リヴィラの街の冒険者依頼に借り出されたベルは、19階層で傷ついて怯えた竜女と出会う。

巨蒼の滝を昇ったアンフィス・バエナによる起死回生のダイブで戦況が一変するが、重傷を負った命が自爆覚悟で水中から魔法を放ってアンフィス・バエナを抑え、桜花が命の魔法による勢いを借り、その片首を切り落とす。 新たなファミリアも台頭し、オラリオに再び安寧がもたらされた時代に本物語が始まる。

18
外伝 第7巻 時系列は本編7巻に相当する。

まさか本編で、フレイヤとシルの関係性に深く切り込んだエピソードを持ってくるとは。 2017年には外伝『ソード・オラトリア』のテレビアニメが放送され、『ファミリアクロニクル episodeリュー』の漫画が文庫本と同時連載され、『メモリア・フレーゼ』のタイトルなどがゲーム化される。

16
ベルたちはベオル山地でアレスたちに追いつき、乱戦の混乱でヘスティアは崖下の川へ落ちてしまう。 に連れられてカジノに来ていたベルの「幸運」もあって、賭けに勝って資金を得たリューとシルは貴賓室に招かれ、オーナーのと対峙する。

ロキはヘルメスと会い、エニュオについての推理を説明し、それを受けてヘルメスは女神を追跡する。

水の迷都は、これまでの破壊や戦闘で崩壊しかけており、リリたちは24階層へ戻るか、ベルを助けるために26階層へ向かうかで揉めていたが、カサンドラが予知夢の解釈に成功し、26階層への退路を提示する。 紅眼白髪の14歳の少年でヒューマン。

店の惨状を知ったミアは、拳骨1つでアーニャを沈め、店を壊した者たちに雄叫びを上げる。

11
当時、団長であり食事も担っていたに、自身を追うのではなく、常に考え、視野を広く持ち、とにかく食べろと告げられ、また、オッタル自身が追われる者になるだろうとも語られていた。 自身の後継者となる子孫も考慮しており、密かに小人族の嫁を探している。

春姫は救って欲しいとの本心を初めてベルに告げるが、アイシャにより連れ去られる。

14
ガネーシャ・ファミリアもリヴィラに到着しグロス達が東の大森林へ向かっているのを目撃します、森と街の二手に別れベルとフェルズは森へ向かいます。 稼ぎのためにモンスターを庇って追い続けた少年に無言の避難が殺到します。

その後、ロキの一芝居もあって、ベートの罵詈雑言は弱者への叱咤激励であることがファミリアに直接伝わり、ベートの孤立は解消し、逆に下位団員から付きまとわれる。 ボールズの子分達はピンチになる前に逃走。

13
物語当初は戦う術も覚悟も力もない子供だったが、アイズに憧れを抱いて強くなりたいと願い、片角のミノタウルスとの死闘を経て未知に挑む冒険者となり 、ベルを見初めた神々が関与した様々な騒動を乗り越えて力を付ける。 天真爛漫な性格で誰とでも臆することなく接するので、誰とでも直ぐ仲良くなる。