まず、ファシリテーターがテーマを参加者に伝えます。 聞き役を 2人用意し、 3人 1組で行っても良いでしょう。

14
準備のために社員の手を煩わせたりしてしまったり、準備物が揃っている人と揃っていない人でゲームの結果に差が出たりすると、参加者の反感を買ってしまいます。 全員参加型なので、大学生でも興味を持って実践してくれるでしょう。

初めのうちは、自分が多数派か少数派かもわからないのですが、「食べ物だよね?」「のどごしがいいよね」「大晦日に食べるよね」などと絞り込んでいくうちに、だんだん自分の回答が多数派なのか、自分以外の人の回答が何なのか、見当がついていきます。

人の名前を覚えるのが苦手という方も、この自己紹介を行えばバッチリ人の名前を覚えられるでしょう。

一人当たり 60秒という制限時間のもと話をし、他の人が話している間は口を挟んではいけません。

6
通常はテーブルに座ったり円になったりして行うのですが、オンラインで実施する場合、「隣の」という表現はわかりづらいので、名前のあいうえお順で順番を決めるのがおすすめです。 家にあるものだけでしりとりをつなげるとなると、なかなか難しいもの。

また、企業の社内研修や会議などで行われるかもしれません。 でも、ただの趣味のマジック披露・・・にならないためには、 その場のテーマや状況にあった、トークや演出が大切です! トークや演出を上手に使うと、それぞれのアイスブレイクの 効果を高め、大きな感動や驚きを与えることができます! そのマジックの特性を活かした自己紹介トーク例 「はじめまして!私は、このオンライン交流会 司会進行を務める、〇〇部の〇〇です。 最初の人だけ与えられたお題を見ます。

スタート位置を決め、はじめにお題を決めてから自己紹介を始めます。

地域の集まり•。 せっかくいい意見を持っていても、場の空気のせいでそれを心に留めてしまうというのは、非常にもったいないことです。 このアイスブレイクを通して、お互いの心の壁を取り払うことができるでしょう。

17
時間: 5〜 10分 この自己紹介でポイントとなるのは、自分の一つ前の順番に自己紹介をした人との共通点を見つけ、それを取り入れた自己紹介を行わなければならない点です。

ただし世間的な認知度はそれほど高くなく、7割以上の人がアイスブレイクを知らないそうです。

18
2と3を何度も繰り返します ゆっくりとスタートして、徐々にスピードを上げていくので意外と難しく大盛り上がり間違いなし! さらに、指遊びを行うことで緊張感がほぐれると共に、 脳の活性化にも繋がります。 大人数で盛り上がるアイスブレイク 次に、10人以上の大人数でも参加者全員で盛り上がれるアイスブレイクを紹介します。