瑠香子の中から源二の人格を引き出すことに成功した凛は、源二が殺人事件を起こした事、源二が事件を起こすこと自体が瑠香子の意志によるものだったことを動機とともに暴いていった。 シュンが玄関の扉を開けると、そこには橋田署刑事課の安西と太田の姿が。 シュンが1人目のターゲットにカツミを選んだ理由、それはカツミが他の4人を連れてきたこと、あの時の猫を殺したこと、全ての始まりがカツミだったからだ。

6
そして、ここまでしてシュンに絡んでくるなんて、さらにタチが悪くなっています! まとめ ということで、 この記事では、2020年7月9日発売の『別冊少年マガジン2020年8月号』に掲載された 十字架のろくにん【最新第4話】漆間解剖純愛歌のネタバレと感想を紹介しました。 しかし、そのためにはどうすればいいのか分からない。

事件を担当する検事・小野寺から話を聞きながら、凛は9年前のことを思い出していた。 もしも四年前の事件が事故ではなく、両親を殺した挙句、弟を植物状態にした人間がいるとすればどうするか? 人には生まれ変わるチャンスが必要や。

10
親に捨てられた過去を持つ父親は、時に息子とぶつかり合いながらも、不器用ながら子育てに奮闘します。

特にイジメが原因で、自殺をした少年の遺族と、そのクラスメート達のその後人生をテーマにしたお話はデリケート過ぎるのだ。

チヅルは、シュンのことが気になっている。

ここでカツミがシュンに向かってネイルガンを数発撃った。 チヅルがふと目を離した瞬間、前を歩いていたはずのシュンの姿は消えていた。

16
2021年2月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中! 「ナイフ」には、チビであることを理由にいじめを受ける息子をなんとか守ろうと、ポケットにナイフを忍ばせる父親の姿が描かれています。

シュンの腹部にはその時撃たれた傷が今もくっきりと残っている。 かたや、体操着を便器に突っ込まれ、運動靴には焼きそばと牛乳をぶち撒けられる存在。

11
不審者に襲われるチヅル。 「パスだ、ゆうくん」 自分でシュートを決める自信がないのか、主人公にボールを戻そうとするクラスメイト。

凛は、影山の鑑定が間違っていたと言い募る妻と主治医の3人での話し合いの場を設け、堂島が覚醒剤精神病であると診断した。 この男は、最近うわさになっていた不審者で、チヅルのことをナイフで脅し、暴行しようとする。 ここでシュンがカツミの汗がすごいことを話す。

3
お金を積まれて父親は証言を翻したのだろうと予想外の方向に裁判が転がり始めたことを憂える検事と面談をした影山は、弁護士が堂島の診断書をどうやって入手したのか尋ねる。 ひと気のない道で、シュンを見つけたチヅル。

数日後 夜のコンビニにたむろしている不良たち。

4
そして、どうすることもできないシュンを楽しそうに殴る。 重松清の「とんび」は、自分をかばってくれたことで母親を亡くしてしまった息子に、負い目を感じさせまいと奮闘する父親の姿を描いています。

母がこっそり父に教えてくれる。 と思ってしまう。 いじめによって自殺に追い込まれてしまった中学生の、遺書に親友として名前を書かれていたクラスメイトの男子、片想いを寄せられていた女子、いじめの主犯格たち。

2
一哉の簡易鑑定を依頼された影山が面接を行ったが、一哉の話は要領を得ず事件のことを聞けずじまいだった。 ここで安西がシュンに質問をする。

それに反応したシュンの目はとても冷たい感じで、そんなことをされるのはダイチよりも迷惑だと吐き捨てた。 という内容でした。

11
傷の証言 激務を終えようやく自宅に戻った凛の元に影山から電話が入った。 ここでシュンのおじいちゃんが顔を出し、過去の事件から前を向き始めたシュンの邪魔をするのなら帰ってくれと言う。