序盤でアザミの復讐心が明示されており、それを使うなら「鬼場組と加藤組の対立」という絵図を描くべきなので、中国人ギャングを絡めるとピントがズレることになる。 組員の笠井明が迎えに来たので、琴音は行く当ての無いサクラを鬼場組の事務所へ同行させる。 岩下志麻、十朱幸代、三田佳子、高島礼子といった大女優たちが主役を演じ、不動の人気シリーズに成長。

4
アザミは前半の内に、「矢島の仇討ち」という目的意識をハッキリと示している。

和田アキ子• 毎回、きわどいセクシーシーンもあって、暴力シーンもあって、大人の映画です。 」とをぶっ放し"姐御"イメージを決定的にした。

15
高島礼子版極妻 [ ] 劇場シリーズの完結後もで好評のため、の企画として主演で新シリーズが製作された。 また、大杉漣、石橋蓮司、今井雅之、袴田吉彦らの名優たちが作品の風格を支える。

明は知らなかったが、その男は満を殺した刺客だった。 親戚も近所の人も関係ない。 あと、天龍源一郎はあまりにも滑舌が酷くて、何を喋っているのかサッパリ聞き取れないぞ。

10
出演:、、、、、、、、、、、 製作・配給。 岩下とともに"極妻"に欠かせない女優が。

NHK大河ドラマ「篤姫」(08)や、「必殺仕事人2009」(09)、「大岡越前」(13)といった時代劇にも出演する。 シリーズ4作目『極道の妻たち 最後の戦い』(1990年)で岩下が復帰した際に、岩下が日下部に監督にを希望した。

9
0億円。 以来チェーンスモーカーになったが、"極妻"が終わって5年くらいでたばこをやめた。

出演したキャストも、多くいますが、過去の出演者をピックアップすると、今は亡き俳優さんや女優さん。 シリーズ終了の経緯 [ ] シリーズ10作目で、岡田社長が突然「これで10作になるのでやめます」と宣言し『極妻』シリーズは『極道の妻たち 決着(けじめ)』(1998年)で一旦終了した。 極道の妻たち 三代目姐(1989年)• シリーズは全部で16作品あります。

18
女性が主人公の映画らしく、製作発表会見も岩下志麻が真ん中に座り、両隣はかたせと石田が坐った。

映画館を探す• 「 愛した男が極道だった」。 1967年に当時の東映企画製作本部長・が企画した『』でも岡田は主役の藤純子()を脱がせようとしたが、富司が頑なに拒否し、女侠映画として極めて生真面目で禁欲的な作品となった。 【ストーリー】 加藤アザミが束ねる極道たちに追われる西澤サクラが逃げ込んだのは、鬼場琴音のブティックだった。

14
大阪のクラブのコンパニオン(ホステス) その次に、しおりが登場するのは、姉がヒットマンとなって、敵のヤクザを撃とうとクラブに乗り込み、撃たれて死んでしまうシーン。

小磯泰子(佳那晃子) 朋竜会系小磯組々長・小磯正明の妻でありながら、粟津環を強くしたっている。 登場する時間は、合計でそう長くないのですが、 この映画の哀しさの重要な役柄でした。 2013年• 琴音が「逃げるんか、ウチを信じるんか、どっちか決め」とサクラに迫った後、「これが琴音さんとの出会いだった」というサクラのモノローグが入る演出は、ただ呆れるしかない。

1
にやをすると下品になるが、岩下はあえて小さなとプチネックレスをつけた。