立香は無力を感じながら何度も立ち上がり、サーヴァント達も立香に影響され絆が生まれていく。 キュートな絵柄はもちろん小ネタの効いたセリフもたまらない。

セイバーが敵の手によって士郎を守る立場から変化してしまうなどキャラクター同士の関係がどんどん変わるので油断禁物! 士郎は桜を救えるのか、行く末から目が離せない。 カラーページのカラフルさにジャンヌやセイバーがはしゃいだり、アーチャーが衛宮士郎に張り合おうとしたり。

衛宮さんちの今日のごはん 魔術師見習いの少年・衛宮士郎は料理が得意。 Fateシリーズで悲惨な結末を迎えることもある彼女が魔法少女として生き生きと活躍してくれる本作は、Fateにおける甘くガッツリな濃厚パフェのよう。 Fateの他作品でのギルガメッシュの戦い方を知るファンは必見だ。

言峰綺礼、遠坂時臣らも続々とサーヴァントと契約し冬木に集う。

士郎とサーヴァント・セイバーの出会いと絆を描いた『Fate』シリーズの始まりの物語。 他のfate作品がマスターとサーヴァントの絆の要素が強いのに対し本作はサーヴァント達の人間模様や「このサーヴァント同士を戦わせたらどうなるの?」と、サーヴァント達の描写に重きを置いた物語。 魔術を使ったトリックやアリバイを解き明かしていく様はさながら魔術師版シャーロック・ホームズ。

18
願い、裏切り、誓いなど思惑が交錯する熱い群像劇。

神話や伝承がたくさん登場するため情報濃度の高さはFateシリーズの中でもトップレベル。

マスターもサーヴァントも規格外のキャラクターだらけで聖杯戦争のセオリーを覆すような予想外続き。

サイト案内• ゲーム原作なので同じストーリーでもたどるルートによって結末や展開が違って、正直にいえば混乱することも多いFate。 マシュと立香の奮闘で人理焼却は免れたかにみえたが新たな特異点も発生していた。 PH(セラフ)」で、聖杯をめぐるトーナメントバトルが行われていたのだ。

FGOプレイヤーなら特に突き刺さること間違いなしな笑いに心地良く押し流されて。 対決の猶予期間に生まれる敵との探り合いも重要。

カテゴリー• 季節の食材を使いひと手間かけた優しくあたたかい料理の数々。 彼の家では今日もおいしい料理が振舞われる。

5
Fateシリーズがどういった作品なのかを理解するならまずはこれ。 ゴミの分別にうるさかったり裁縫が得意だったりと世話焼きで家庭的な側面がプッシュされている。

と思いきや桜の背負う暗くて過酷な運命に行き当たる。 繰り返される日常、ありえないはずのサーヴァント達の再臨。

遠坂凛、間桐桜など他の作品でも重要になるキャラクターもここを始点に読めば相関関係や前日譚・後日譚もきっとクリアになるはず。 バーサーカーはパンツはいてるのか?ダ・ヴィンチがリアルモナリザ顔に! 突如戦いに巻き込まれセイバーのマスターとなった士郎は聖杯戦争で戦い抜こうとするが……。