3-中央をカット 中から切ります。 下のラインがスケたら上のラインをスイていきます。

もちろん綺麗にカットしてらっしゃる方もおられます! ただ、中には正しい前髪のセルフカット方法を知らない為に取り返しのつかない状況になっていらっしゃるお客様がいるんですね. 綺麗な斜め前髪になりました。 5㎝〜1㎝ぐらい長目に切ると良いです。

目にかからないぐらいで好みの長さに切っていきましょう。 早速カットしていきましょう。 4-上パネルをカット 下パネルができたので上パネルを下にときつけ、下パネルをガイドに切ります。

7
眉尻から眉尻の範囲で半円を書くように前髪を分けますが気持ち浅めにとります。 スポンサーリンク セルフカットによる失敗例 かしこまりました・・・・・難易度が高い(心の声) このようにご自身でカットされてご来店された方との会話は大半はこういった感じになってしまいます。

簡単です! ここでは、セルフカットで「ぱっつんの前髪の切り方」「アシンメトリー(ナナメ)の前髪のカットの仕方」「束感シャギーの前髪にカットするやり方」を説明します。 その後、ハサミを縦に使い、毛先1cmほどを間引きする。 目が全て隠れてしまっていることで、 重い印象になってしまっています。

15
似合う、似合わながかなりはっきりと分かれる形です。

下ろす際に注意する点は、 水やスタイリング剤は絶対につけないということです! なぜなら何もついてないドライ(乾燥)の状態でないと、 自分が思ってるより長さを切りすぎてしまう恐れがあるからです。 逆サイドの毛束も同じようにカットする• ハサミを縦に入れながら、好みの長さよりやや長めに切ります。

4
すきすぎるとベース 形 が変わってしまうので、クシでときつけて様子を見ながらすいていきましょう。 ハサミの角度は、ぱっつんなので真横にハサミを向けて切ってもよいですし、イメージとして少し柔らかい雰囲気のぱっつんにしたい方は、ハサミを斜め45度に立てチョップカットで点で繋ぐように切ってもよいです。

前から見たときに触覚で輪郭を隠す事で小顔効果が生まれるので、自分に合う長さを見つけましょう。

左右同じすき加減になるように確認しながらすきましょう。

自分で前髪を切るときに注意したいポイントは2つあり、 「乾いた髪」でカットすることと、「黒目の外側の幅」でカットすることです。 下のラインからすきバサミを入れていきます。

5
それから2~3mmずつ切っていくようにしてください。 ハサミを90度に立て髪の毛の中間から毛先にかけてハサミを入れていきます。

ここを変えると 髪型全体に影響が及ぶので、自分で前髪カットする時は、元々美容師がカットして作ってある奥行きをいじらないほうが無難です。 まず中心の毛束を取ります。

16
厚みがあると髪の毛を切るときにハサミから髪が逃げやすくなり丸くラウンド型になりがちです。 普段通りのスタイリングをする もし毎日前髪をスタイリングしている場合は、いつも通りにスタイリングをしてください。

下のラインからすきバサミを入れていきます。 少し長めくらいにしておくと丁度良い仕上がりになります。

3
まず切るのは、黒目の中央より内側の部分。

この時、ハサミは 縦に入れてください。

8
毛束を1つまみづつ持ち、中間から毛先へとすきバサミで切っていきます。