日本の伝統ある職人技の素晴らしさに惜しみない敬意を表す『本当にやりたいことだけをやる。 この記事はのような記述内容になっています。

7
着こんでいくうちに変化も楽しめる丈夫な作りと、流行に左右されない飽きのこないデザインになっています。 インドのスジャータ綿と、西インド諸島セントビンセント島の海島綿を、交配した最上級のスビンゴールド綿を使用し、オリジナルで生地を制作。

1993年にを卒業後渡米、、、の大学で映画と写真を専攻。

9
こんなにすごい生地が日本にあるんだって。 藍の色の経年変化だったり、誰かが糸と針でそれを後世に受け継いできたっていうその凄さですよね。

「メイド・イン・ジャパン」にこだわり 「世界基準のスタンダード」をコンセプトに掲げる。 腰に負担がある人やリュックサックが苦手な人でも担ぎやすくなっている。 ポータークラシックの「PC Sashiko」シリーズはそんな日本の伝統手芸の「刺し子」を独自の素材で作り上げたオリジナルファブリックが特徴です。

17
Porter Classicはナイロンでも同じ事が出来ないものか、という発想から フライトジャケットなどで使われる太さ210Dの ナイロン糸で織られた生地をもとに研究をスタート。

今シーズンはどうとかでもありません。 元々はベッドに寝た人の重さを分散させて床ずれや体の負担を分散させる目的で作られた(大気圏突入時に摩擦を極限まで減らすロケットの先端の形状をヒントに作られたという)muatsuのマットレスの凹凸が、鞄のストラップとして使われることで、背負った鞄側の重さが分散され軽く感じるという画期的な仕組みとなっている。

1
ROLL UP STRIPE SHIRT(ロールアップシャツ) スポンサーリンク ポータークラシックのサイズ感 ポータークラシックはサイズ表記が「1,2,3,4」などの数字表記、「S,M,L,XL」などの英語表記のアイテムに別れています。 親子代々で日本を世界に発信している、本当にすごいことだと思います。

伝統からアンチテーゼ、芸術文化、職人技術を取り組みながら、次世代、そして孫の代まで愛される商品を追求。 その影響は鞄業界に留まらず、アパレル業界を常に牽引してきた。

10
電話番号 03-3571-0099• 財布や名刺入れ、パスケースなども揃っています。 Porter ClassicのKENDO FRENCH JACKET/旧型 PC Sashiko|吉田克幸氏「出会ったというより、呼ばれた感じがした」 5年以上に及ぶ研究を重ねて完成したのがPorter Classicオリジナルの刺し子生地。

人とモノとの出会い。

生地は有段者の中でも限られた剣士のみが着用を許される道着を専門にしている、日本の熟練した職人に依頼。

素材は、デニムの染め同様に、 使用していくことで色落ちし、本来であれば バックの経年に伴う劣化を経年変化として楽しむことが出来ます。

20
毎シーズン違うデザインですが、過去の映画の世界観を表現した映画アロハシリーズなど、人気のシリーズも存在します。 糸からインディゴ染めを行い、最高の素材を時間をかけて丹念に織り上げた生地は何度も洗いにかけることにより、ソフトな肌触りと独特な風合いが感じられる。