ただ産業機器事業が好調そうですので、来期も今期並みの業績を期待しています。 あとは. 今までの推移がどうだったかもお見せします。 RFレンズ• 一方、配当金は条件が良いことで有名な株です。

8%減の1417億円。 そして注目すべきがこの黄色の折れ線グラフです。

事務機器のオフィス事業の売上高は前年同期比30. 今後、どれだけ規模が拡大するのか注目しています。 でも、株を売らなかった既存株主にとっては、企業から理不尽に現金が流出してしまい、不利になってしまいます。 なのでもはやこれは時代の流れを加速させただけという形ではないかと思います。

6
でもレンタルできるとなればどうでしょうか。 2016年7月頃の底値2750円くらいまで下がる可能性があります。

もちろん一眼レフのほうが綺麗ですが、正直ぱっとみの画像の綺麗さはそこまで差がなくなってきています。 ちょっと頑張りすぎてキャッシュ大丈夫なのかと逆に心配ですが。

6
キャノンの事業別の業績推移を詳しくチェックしてみましょうか。 ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

平均勤続年数も異様に高いです。 サテラ• 会長の御手洗さんは以前もCEOをやっており、2代目経団連会長もやっていました。

パワープロジェクター• 複写機・プリンタ、デジタルカメラ、半導体・液晶製造用装置を手掛けています。 キャノンとはどんな会社? キヤノン(7751)は、日本を代表する精密機器メーカーです。 ものすごく気になるというわけではありませんが、高配当銘柄として一応チェックしておきたい銘柄です。

20
医療事業が新しい収益の柱となり、売上高の維持に貢献しています。 ちなみに有料ですが、途中まではタダで読めます。

4月の緊急事態宣言でオフィスの多くが閉鎖され、オフィス向けのプリンタの設置や印刷需要が落ち込んだ。 初の四半期赤字を嫌気した売りが膨らんだ。 2017年11月から投資ブログをピタッと止めていた私。

15
営業は子会社のキャノンマーケティングジャパンなどに依頼しています。 競合となるニコンも、同様の傾向にあり、事業運営として苦しい状況です。