日本『も』アメリカの『暗号解読』を必死に行い、全米の日系人を利用、全米にスパイ網を構成していた。 だいたい行く末を見守るこっちの身にもなってほしいわ」 長門「フゴォ!」 陸奥「うわ. 「某通販サイトで手に入れた格安ナイフ 500円 」 あまり良質とは言えないがこれくらいの縄なら問題無く切れるだろう。

8
いつも通りそつなく仕事をこなしてくれてる 加賀「…そろそろ休憩にしましょう」 提督「ん、そうだな」 コンコンコン ガチャ 瑞鶴「失礼します」 提督「お、どうした?」 瑞鶴「提督さん、演習場の使用許可が欲しいんだけど」 提督「加賀、今日の演習場の使用予定は?」 加賀「夕方の水雷戦隊の演習だけです」 提督「よし、じゃあ演習場使用を許可する。

ほんと。 正也「そ、それについてはすまんかった、ほんと…。

ちなみにアメリカは日本在住のドイツ人・イタリア人を用いてスパイ網を構成していた。

ちなみに日本側も気付き、憲兵が山を巡察したら手を引いた。 「は、ハハハハハ時雨は甘えん坊さんだなー・・仕方ないなー・・ほれほれ、よーしよしよし!」 なんやかんやこの娘達は可愛いなあ!おい。

3
彼女が睨むように声のしたほうを見ると、こちらを嘲るかのように覗く数人の艦娘たちの姿があった。 このチャンネルでは、皆様が大好きな アソコがアツくなるような動画をご紹介致します。

そんなことを思っていると俺は意識を手放した。 「・・・ん・・うみゅ・・・」 「!?」 今の今まで固定してある手に意識を向けていたからわからなかったが俺の右半身に時雨が引っ付いて寝ていた。

4
執務室に戻ろうとしたとき砲弾の着弾音が聞こえたから。 「あー!やっと終わっt」 「さあ!僕の部屋へ行こうか!!」 「うん、行動が早いね君」 さすがに、コイツの部屋へ行くのはヤバい。

」グチュグチュ 陸奥「そうよ」 長門「オェ」 陸奥「ねぇ長門さん吐き出しそうだったわよね今?顎、抑えてあげるから、さっさと飲んで。 あとは粉薬を入れるだけ」 長門「. お姉様も榛名も料理は上手ですし、 霧島だってレシピ通りにキチッと作りますから失敗しません。 この瞬間俺は「何故!?」という感情に支配された。

2
目を見開く山城。

258• 明石「っとまあこんな風に文字通り感じてしまうみたいです、音を」 明石「改良の余地ありですね~」 提督「おい、これどうすんだよ. そう言いたいのかしら」 長門「うむ」 陸奥「故に胃腸薬の粉薬を片手に恐れおののくのは、自然だと、自信を持って言えるのかしら?」 長門「. 夕立「夕立、どこも悪くないっぽい」 時雨「ううん、夕立は病気なんだよ」 時雨「さぁ、これを飲んで、すぐによくなるから」 夕立「時・・・雨・・・?」ゴックン 電「気がついたのです? 正也「……。

10
これくらいの協力ならするさ」 明石「まあもし不備があっても効力は一日で切れるようになってますし大丈夫ですって!」 提督「はぁ…分かったよ」 時雨「で、この薬はどうやって使うんだい?」 明石「これは水に溶かして飲むんです。

つまりこう言える。 どうやら、さっき正也が山城を突き飛ばしたときに、弾みで落としてしまったようだ。 まるで子供のように寝息を立てて眠る正也を見て、山城は内心感じていた。

8
んー?あれ…あれー?」クビカシゲ 霧島 司令への好意は司令以外にはバレバレですからね 明石「人によっては大変なことになってますね。 ついでに上も向かせてあげるわ。