ブラックとダークアースの2色のモデルが存在するが、東京マルイからはガスブローバックとしてダークアースのみ発売される。 マガジンはメッキ仕様の装弾数22発予定。

17
コルト ガバメントM1911A1は実銃通りに通常分解できない• 4用である印字がされているので、Glock 19のチャンバーとは互換が無い可能性がありそうです。

価格は19,800円で2019年5月発売予定。 パーティングラインの変化は新規金型だからでしょうか…。

4
また、スライドは樹脂そのままではなく、何かしらの塗装が施されている気がします。 銃口側から見るとこんな感じで、 スライドの色とマズルの色が違うのが良いアクセントになっていると思います。

装弾数:27発• (毎年のようにガス缶やガスマガジンの破裂報告を耳にするので気をつけましょう) という訳で、ガス圧が高まった状態で動作不良になるというのは、安全対策的にバッチリな感じがします。 価格はヴォーパル・バニーと同じく 22,800円(税別)とのこと。 2020年も残すところあと半分となりましたね…。

6
サバゲのサイドアームとしてお薦めだ。 作動性に関しては明らかに従来のエンジンを超えていますね。

共通する仕様(例外あり):• アンビマガジンキャッチに対応しており、旧Glockとマガジン上部の形状が少し違っています。 当キャンペーンの応募要項に同意いただける方• コンパクトでも操作性はフルサイズのオートマチックピストルに準じている マガジン上部に設置されたノズルがトリガーの前進・後退にあわせて前後動することでチャンバー内にBB弾を装填し発射するシリーズ共通のダブルアクションオンリーの内部メカニズムを採用。 ちなみに、ノーマルトリガー状態のGlock19で0. 380ACP、「サブコンパクト」と呼ばれるカテゴリーに属している。

20
特徴的な外観は合理的で質実剛健なデザインで知られるシグザウエルらしさが漂う。 コーンドバレルのアウターは樹脂製でチャンバー部と色を塗り分けているそう。

箱出し状態での初速と作動性について まず、箱出し状態での初速を見ていきます。 このピンですが、 従来のGlockとは違い、ピンの真ん中に凹みがあります。

装弾数:6発• 先に発売されていた F フラット D ダーク E アース・バージョンは実銃と同じカラーリングで軍用のイメージが強かったですが、こちらのブラックモデルは特殊部隊のイメージ。 説明書類は蓋側に収まっています。

付属マガジンについて Glock 17 Gen. 箱を開けるとこんな感じ。 マガジンがフルサイズ• 全 長:180mm(サイレンサー装着時310mm)• 16mm正ネジ仕様のエクステンドバレルでサプレッサー付属。

6
また、Glock 19と同様リコイルバッファーとスライドの間に隙間が設けられており、リコイルバッファーに伝わる衝撃がスライドに届きにくい仕様になっている感じです。 米国SFA社が開発した3. 続いて、マガジンを温めていきます。

固定ホップアップシステムが導入されたインナーバレルは固定式で高い命中精度が期待できる。 チャンバーはやはりGlock19系で、従来製品とは形が大きく違っていますね。 380&LCP ちっちゃくてかわいいコンパクトキャリーシリーズ! 表面仕上げも実銃の素材の違いを再現したものだそうで、ボディガード. こちら側は大きな変化は確認出来ませんでしたが、トリガー周りはGlock 19系ですね。

7
できるだけ薄く作られているのがわかる より平べったい印象のLCP。 これはGlock 19と同様の仕様ですね。