æŠŧ印とは æŦĄãĢごį´šäģ‹ã™ã‚‹ãŽã¯æŠŧ印です。 æŠŧ印ãƒģæēå°ã¨æˇˇåŒã—ãŒãĄãĒ「čĒŋ印」とは æŠŧ印ãƒģæē印ãģおではãĒいもぎぎ、こぎ2ã¤ãŽč¨€č‘‰ã¨åŒã˜ã‚ˆã†ãĒäŊŋわれ斚をするもぎãĢ「čĒŋ印īŧˆãĄã‚‡ã†ã„ã‚“īŧ‰ã€ãŒã‚りぞす。 ぞた、 æŗ•åž‹į”¨čĒžã¨ã—ãĻ「æŠŧ印」を、æ—Ĩ常į”¨čĒžã¨ã—ãĻ「æē印」をäŊŋį”¨ã™ã‚‹ã“とが多いようです。

「įŊ˛åã€ã¯æ‰‹æ›¸ããŽį›´į­†ãŽã‚ĩイãƒŗã€ã€Œč¨˜åã€ã¯ãã‚ŒäģĨå¤–ãŽåå‰ãŽčĄ¨č¨˜ã¨æ•´į†ã™ã‚‹ã¨čĻšãˆã‚„すいでしょう。 捨印とはåĨ‘į´„書ãĒおぎ文書ãĢ前もãŖãĻįŊ˛åæē印īŧˆč¨˜åæŠŧ印īŧ‰ãĢäŊŋį”¨ã—た印鑑をæŦ„外ãĢæŠŧしãĻおくことです。

通常、éģ’ãƒģį´ēãĒおぎイãƒŗクパッドでäŊŋį”¨ã—ぞす。

9
įĩæžœã€ãĒãĢもį‰šåˆĨãĒ文éĸでもãĒく、 ごく晎通ãĒæ•ŦčĒžčĄ¨įžã§ã‚ˆã„ということがわかりぞした。 つぞり、įŊ˛åīŧč¨˜åīŧ‹æŠŧ印ということãĢãĒり、åĨ‘į´„ãĢおいãĻはæŠŧ印は不čĻã§ã€įŊ˛åãŒã‚ればåĨ‘į´„は有劚ということãĢãĒりぞす。

č‡ĒčēĢで手書きした上ãĢ、印鑑がæŠŧされãĻã„ã‚‹æ›¸éĄžã¯ã€æŗ•åž‹įš„ãĢč¨ŧ拠čƒŊ力ぎéĢ˜ã„æ›¸éĄžã¨ãĒりぞす。 æŠŧ印、æē印をする場所は、「印鑑č¨ŧ明がåŋ…čĻãĒæ›¸éĄžã‹ãŠã†ã‹ã€ã§å¤‰ã‚ã‚Šãžã™ã€‚ そぎためãĢ、「æē」をäŊŋãŖた「æē印」というį”¨čĒžãŒå…Ŧ文書やæŗ•äģ¤ãĒおではäŊŋわれãĒくãĒりぞした。

4īŧŽäŊæ‰€å° äŧšį¤žåãĢ加えãĻäŧšį¤žäŊæ‰€ã€é›ģ芹į•Ēåˇã€ããŽäģ–åŋ…čĻãĒæƒ…å ąãŒåŊĢåˆģされた印です。

あãĒãŸã¯ã€æ›¸éĄžãĢ、æē印īŧˆãĒついんīŧ‰ã‚„æŠŧ印īŧˆãŠã†ã„ã‚“īŧ‰ãŽå°ãŒåŋ…čĻãĒとき、おんãĒæ•ŦčĒžčĄ¨įžãŽäžé ŧæ–‡ã§ãŠéĄ˜ã„ã™ã‚Œã°ã„ã„ãŽã‹ã€čŋˇã†ã“とãŖãĻありぞせんか。

1
そしãĻ、 ã‚ˇãƒŖチハã‚ŋがåĨ‘į´„書į­‰ãŽæ­ŖåŧãĒæ›¸éĄžã¸ãŽåˆŠį”¨ãŒæ•Ŧ遠されるį†į”ąã¯ã€ã€Œå°é‘‘īŧˆå°åŊąīŧ‰ã€ãŒä¸€åŽšã§ã¯ãĒã„ã‹ã‚‰ã¨č¨€ãŖたことが上げられぞす。 「æē印」は古くからäŊŋわれãĻいぞした。

しかしåŽŗ密ãĢは、æŠŧ印とæē印はį•°ãĒる意å‘ŗをもãŖãĻいぞす。

11
į¤žäŧšįš„äŋĄį”¨ã¨ã‚ãĒたč‡ĒčēĢをč¨ŧ明するåŊšå‰˛ã‚’果たすぎが印鑑ãĒぎです。 æē印とæŠŧå°ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ã¯ã€ãŠãĄã‚‰ã‚‚å°åˆ¤ã‚’æŠŧすことを意å‘ŗし、äē‹į‰ŠãŒæœŦį‰Šã§ã‚ることをč¨ŧ明するため、ぞたはそれãĢ封印をæ–ŊすためぎようãĢ文書ãĢæŠŧされる時ãĢäŊŋã‚ã‚Œã‚‹č¨€č‘‰ã§ã™ã€‚

ãžãŸã€č¨˜åãĒしで印鑑をæŠŧす場合は「æēå°ã€ã¨ã¯č¨€ã‚ãšã€ã€ŒæŠŧå°ã€ã¨čĄ¨įžã—ぞす。 æŠŧ印 「æŠŧå°ã€ã¨ã¯ã€ã€Œč¨˜åæŠŧ印」ぎį•ĨčĒžãĢãĒりぞす。 æŠŧæēã¨ã„ã†č¨€č‘‰ã‚‚ã‚ã‚Šãžã™ã€‚

16
一斚で 「æē印」とは、もともと「įŊ˛åæēå°ã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ã§ã€įœį•ĨされãĻ「æē印」とå‘ŧばれるようãĢãĒりぞした。 įŊ˛åã¨ã¯é•ã„、氏名がしるされãĻいるだけで、æœŦäēēぎ意思ãĢよるもぎか、 おうかぞではįĸēčĒã§ããžã›ã‚“。

。 つぞり、įŊ˛åã ã‘でæœŦäēēであることぎ担äŋã¯åŋ…ずしも厚易ではãĒいことが分かるかと思いぞす。 æŠŧ印ぎäŊŋい斚 æŠŧ印をäŊŋãŖた分かりやすい䞋としãĻã¯ã€ã€Œã“ãŽå ´åˆã€č¨˜åæŠŧ印ãĢäģŖえãĻįŊ˛åã™ã‚‹ã“とができぞす」「æ—ĨæœŦではåĨ‘į´„書į­‰ãŽäŊœæˆãĢæŠŧ印はæŦ ã‹ã›ãĒã„ã€ã€ŒčĄŒæ”ŋ手įļšããĢé–ĸするæŠŧ印čĻ‹į›´ã—ぎ動きがある」「世帯ä¸ģãŒč¨˜å…Ĩする場合、æŠŧ印は不čĻã§ã™ã€ãĒおがありぞす。

3
「 ごæē印」ぞたは「 ごæŠŧ印」ということばをäŊŋえば、 į›¸æ‰‹ã‚’å°Šæ•ŦしãĻいることãĢãĒりぞす。 æŠŧされる印鑑は、「印鑑č¨ŧ明書をæˇģえた原印」が最も劚力があるとãŋãĒされぞす。

įŊ˛åã§ã‚れば、į­†čˇĄé‘‘厚でæœŦäēēが書いたもぎかおうかをč¨ŧ明できぞす。 æē印とは æē印とはįŊ˛åã‚„č¨˜åã—ãŸåžŒãĢ印鑑をæŠŧすことを指しぞす。 「ぞとめ」įŊ˛åæē印ãƒģč¨˜åæŠŧ印をįŸĨãŖãĻīŧ įŊ˛åæē印ãƒģč¨˜åæŠŧ印ãĢついãĻごį´šäģ‹ã—ぞしたがいかがだãŖたでしょうか。

1
ä¸ģãĢ、čŗ‡į”ŖぎåŖ˛č˛ˇãŽéš›ãĢåŋ…čĻã¨ãĒるようです。 äēēį”ŸãŽį¯€į›Žã‚’åŊŠã‚‹į¤Žīŧˆã„しずえīŧ‰ã¨ãĒり、į¤žäŧšį”Ÿæ´ģãĢおいãĻ新たãĒ゚テãƒŧジぎ扉を開く。