小学校の頃から最強で、名の知れた高校生相手に喧嘩で勝つ程の実力でした。 お願いだから死なないでね。

東卍の旗持ちで、喧嘩っ早さと強さに定評がある(が、長内には…)。 悩ましいですが、どちらも岩井監督の作品。

人心掌握と戦略性は群を抜いており、たった一人で抗争を生み出したり、ただの喧嘩屋だった長内をトップクラスの族にさせるほどの参謀能力を持つ。 喧嘩の強さはドラケンに負けないほどで、マイキーの最強の上段蹴りをガードするほどの格闘技術を持つ。

12
キャラとしてもカッコいいし、登場シーンも多くてうれしす! 個人的にこのシーン大好き。 一時期は「愛美愛主」総長代行も務めていた。

マジで恐ろしい戦略眼を持つ男やで。 黒龍には八代目の頃から在籍しており、様々な悪事に手を染め少年院に収監されていた。

5
東京卍リベンジャーズ 和久井健. 個人的に好きなキャラは 乾青宗、三ツ谷、場地圭介。 稀咲はマイキーの大事なものを全て奪いたいのだと言います。

1人でチームを一つ潰す程の実力者で、気絶しかけながらも立ち向かう根性を持つ。 黒龍(ブラックドラゴン)の初代総長(創設者)であり、伝説となって語り継がれるほどの存在。 実は家庭では八戒を守り続けていて、彼の代わりに兄・太寿の暴力を受け続けていた。

4
中学時代はイケイケの不良であり、12年前仲間達と共に渋谷の不良に喧嘩を売りに来たが、東京卍會に所属するキヨマサに半殺しにされ地獄のような日々を送る。

因み年齢は加味していません。 でも隊長格だから弱いってことはないよね… という点も含めて同じくらいの強さかなと。 喧嘩の強さはパーやんをボコボコにするほどなのでだいぶ強いが、ドラケンやマイキーには遠く及ばないくらい。

9
新キャラも続々登場で世界観がグングン広がります。

ヤンキー作品としては珍しく、のSF要素を題材とした サスペンス不良漫画となっている。

伍番隊隊長:武藤泰宏(ムーチョ) 喧嘩の強さ不明のムーチョ。