もう秋は立っているのだが、暑さはこの夏の土用にも 勝 ( まさ )って 酷 ( きび )しい。

……ヒュッ、ヒュッと 断 ( き )れ 断 ( ぎ )れに彼の呼吸が 喉 ( のど )で鳴るのである。 危いところを擦り抜けた。

暫く行ったとき、 「ここは男の跛足の多いところだね。

19
しばらくして、 「そら、見えたぞ。

又八は、 「あぶない所だった」 と 呟 ( つぶや )いた。

19
私から言わせてもらえば、別れを告げた質問者様の方に問題があると思うのに、メールをしてくれるなんてとても優しい方と思います。 で、気を取り直して。

石の蔭で、 銭 ( ぜに )の裏表を伏せて、 博戯 ( ばくち )をしていた人足の群れで、二つ売れた。 まれに、昔の彼が忘れられない…という女性がいますが、あれは男を上書き保存することが出来なかったんだと思います。

彼を思うと元気を無くさぬ何か理由を見つけたのにちがいないと矢代は思った。

トピ主さんがあげていらっしゃる「わたしからあなたへ~」って歌も(タイトルはたしか「切手のない贈り物」ですが、卒園式で歌ってました。 高価な 花瓶 ( はないけ )や香炉などではない。

2
だからがんばっています。 」 千鶴子がここまで云ったとき三島がまた、 「パリの屋根の下。

これにてなくば、うき世なるまじく見え 候 ( そろ )) 労働歌が絃歌になり、蜂須賀侯のような大名までが、 夜興 ( やきょう )の 口誦 ( くちずさ )みに 戯 ( たわむ )れたものとみえる。 」と 剽軽 ( ひょうきん )な歎息をもらしたのでまたどっと皆は笑いを立てるのだった。

13
久慈さん、私はあなたを愛しますというのは、フランス語じゃ、どういうんですか。

この島はマルセーユの外郭です。 」 「ははア、じゃ、やっぱりヨーロッパの人間は、それだけはしょっちゅう考えているんですね。

3
/ 『うたまっぷ』-歌詞の無料検索表示サイトです。

肌寒いので寝ながら炉の中へ柴を投げこんで、その炎にあやされながらウトウト眠りかけた。 「いかが?」 「ありがとう。 その頃は、児童がうたう歌まで、ひがみッぽい暗い歌が多かったが、太閤の世になってからは、歌も明るくなり大きくなり希望的になって、民衆はそれを汗をかきながら太陽の下でうたうことを甚だ好んだ。

13
Hora ashimoto wo mitegoran Kore ga anata no ayumu michi Hora mae wo mitegoran Are ga anata. 今なら僅か三十分で来られる所を自動車で廻いまいして四五時間もかかっていたのである。 不謹慎な相談なのは重々承知なのですが、 既婚でありながら会社の女性に恋をしてしまいました。