株主優待はない 株主優待がある企業はソニーのみです。 また本業を表す営業利益は2013年を底として、順調に回復しています。 16% となります。

2
売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約24.1万円です。 【企業情報】ジーエス・ユアサ コーポレーションとは? ジーエス・ユアサ コーポレーションは自動車・二輪車用の鉛蓄電池で国内のシェアはトップ、世界でも第2位のシェアを占める企業です。

上記はジーエス・ユアサ コーポレーションの過去10年間の業績推移です。 みんかぶ予想株価は、プロの証券アナリスト、個人投資家予想、株価診断(業績診断)それぞれから総合的に算出している予想株価です 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。

10
配当利回りの推移 [6674]ジーエス・ユアサ コーポレーションの 配当利回りの推移です。

配当利回りは、1~2%台で推移しています。 89倍でともに割安水準。 デカプリオが購入依頼したアメリカのベンチャーのロードスターは、400k走るらしいが日本製のリチウムイオン電池が所狭しと運転席まで侵略しているありさま。

2
よって、セクター的にPBRは割安であるということができます。 ここではジーエス・ユアサ コーポレーションの事業内容をご紹介していきます。

本社は京都府京都市。 PBRは競合比で割安水準 セクターのPBRがジーエス・ユアサ コーポレーションの0. 10歳 平均年収:10,200千円 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。

2
ジーエス・ユアサ コーポレーションのROEとROA 上記はジーエス・ユアサ コーポレーションの過去10年間のROEとROAの推移です。

現在の相場は完全に「環境及びエネルギー革命関連相場」でしょう。 総合的に株価の不安定さが目立つため、「投資対象外」と判断することができます。

18
またROAは直近6年間日本の東証一部の平均値である2%を超えて推移していることから、安定感が出てきているといえます。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。

各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 (単位:百万円) 営業利益 [6674]ジーエス・ユアサ コーポレーションの 営業利益です。 みんかぶリサーチによる株価診断。

- 11月28日(土)8時06分• また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. ジーエス・ユアサ・コーポレーションの2019年3月期決算分析 ジーエス・ユアサ コーポレーションが5月13日に発表した決算によると、 19年3月期の連結経常利益は前の期比15. 2019年実績 2022年目標 売上高 4,130億円 4,600 億円以上 営業利益 226億円 280 億円以上 ROE 7. 株式市場においては最大手メーカーが予想以上まで買われたりするのは普通の現象でしょう。

ジーエス・ユアサ コーポレーションの競合他社比較 ジーエス・ユアサ コーポレーション(6752)を同業である日本電気(6701)、カシオ計算機(6952)、キヤノン(7751)、パナソニック(6752)、ソニー(6758)と比較検討していきます。 またファンダメンタル的には業績が安定してきているので、株価が大きく下落した場面を狙って投資してもよい銘柄であるといえます。

8
基本的には定額の配当金となっています。

89倍でともに割安水準。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. [6674]ジーエス・ユアサ コーポレーション 企業情報 企業概要 [6674]ジーエス・ユアサ コーポレーションは、自動車電池、産業用電池などの電源装置を製造するメーカーです。 ジーエス・ユアサ コーポレーション 20年3月期は前期比11. 1001• 自動車電池国内事業は、自動車用・二輪車用鉛蓄電池及び自動車関連機器等の製造・販売を行う。

10
このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ> 人気記事• 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。