ただこれらも、注意事項には「 水以外は使えない。 濃度にもよりますが・・ ということで、もしにおいが気にならないなら、香水が入ったスプレーで代用してもよさそう。

エタノール消毒液の詰め替え 容器の種類とは• 通販で購入できる おすすめの小分け容器• ということで素材で見分けられる、PE(ポリエチレン)かPP(ポリプロピレン)でできたスプレーボトルを買っておけば安心です。

密閉できる ガラス容器(化粧水や香水などの空き瓶でも可) プラスチックではなく、 蓋がついているガラス瓶でもエタノールの保存は可能です。 続いて、エタノール消毒液の保存に使える材質と、使えない材質を詳しく解説していきますね。 そこで、100均のスプレーボトルでもエタノール対応なのか、twitterで 口コミを調べてみました。

4
つまり、 100均のPETは、「アルコールに弱い」性質が多く「消毒液を入れてもいい物」がほぼない、ということが分かりました。

そもそも、飲めるお酒自体は高濃度アルコールではありませんしアルコール度数もかなり低いです。

アルコールが除菌成分として含まれている「リセッシュ」のボトルを見てみたところ、• 続いて、 100均のスプレーボトルはどうなのか、詳しく解説していきます! 100均でも購入できるエタノール容器も!ダイソーやセリアの例 100円ショップでもスプレーボトルの容器はたくさん売っていますが、 エタノール消毒液にも問題なく使えるのか気になりますよね。

スプレー:PP、POM と表記されており、ポリプロピレン製であることがわかります。

6
IPがお買い得 値段の高い方が、効果がありそうな気がしますが、販売元のサイトでは「 両者の効果は同じ」と記載がありました。

すでに 約80%くらいに濃度調整済なので、そのまま使うことができるんです。 ただ、置いている種類や数は限られているため、お気に入りの形や容量などが会わない場合もありますので注意しましょう。

9
変色する• 「代わりにできる入れ物はありますか?」 消毒液を製造販売している会社に、直接聞いてみました。

したがって、その容器は6か月ごとなどに洗浄・乾燥を行ってください。 アルコール消毒液「何に入れたらいい?代わりの入れ物はある?」 もしアルコール対応のプラ容器が手に入らない場合、「 何に入れたらいいのか」困ってしまいますよね。

19
お家で使うなら100~500ml、持ち運び用なら10~50ml程度のエタノール容器がおすすめです。

でも、もし「溶けた」場合は目に見えないから気づかず使ってしまいそう。 見た目が同じなので間違えないようにマークをつけて区別をしないと💦。 溶ける アルコールに弱い材質だと、「ひび割れてしまったり、色が変わったり、溶けだしたり」などの問題が生じるようです。

3
ネットで調べていたアルコール対応の容器の素材はPE、PP、PVCで、PET、PSはアルコールは入れない方がいいと認識していました。 これらの使い勝手の違いも調べてみましたよ。

通販では様々なエタノール容器が販売されているので、お好みのボトルを探すのも楽しいかもしれません。 材質表示がなく、使えるか分からない物もありますよね。 「アトマイザー」と呼ばれる香水を小分けして持ち運ぶ、ガラスのスプレー容器もアルコールの容器として使えます。

17
楽天・Amazonなど通販で購入できるエタノールの詰め替えボトル なかなか家から出られない時は、楽天やAmazonなどの 通販がとても便利ですよね。