英語の地域を選べるので「米国」を選びます。

10
「変換候補に出てこないなら、出てくるように辞書登録すればいいんじゃないか」と。

これは、Windowsの初期セットアップ時に設定したキーボードレイアウトと、接続した英語配列キーボード(USキーボード)のレイアウトが一致していないためです。 好きな言葉で事象登録すればいいので、キー配置にこだわる必要はなくなります。

13
「アンダーバー」「アンダースコア」と入力して変換すると、変 換候補にアンダーバーが出ます。

かなりの部分が刻印されている文字と異なることが分かります。 左のメニューから「地域と言語」を選択し、画面下にあるWindowsの表示言語「日本語」をクリック。

特に横棒の記号はハイフンなど他にもあるため、キーを見ただけでは判別不能というのが難点です。 important;max-height:24px;vertical-align:middle;box-shadow:none! このキーバインドは変更することも可能です。

important;background-repeat:no-repeat;background-size:142px 16px! Google日本語入力の場合は、パソコン画面右下のタスクバーにあるGoogle日本語入力のアイコンを右クリックします。 英語キーボードを追加する設定が必要になりますので、以下の方法をお試しください。

入力法は日本語キーボードの「_」(アンダーバー(アンダースコア))入力時と同じでShiftキーを押しながら打つことで入力されます。 「日本語」をクリックすると現れる「オプション」をクリック。

英語キーボードで@を打つ方法 英語キーボードの左上にある「2」に「@」は割り当てられています。 日本語 アンダーバーの出し方は、日本語のキーボードの場合shiftキーを押しながらひらがなの「ろ」が書かれているキーを押します。 このキーバインドは変更することも可能です。

20
ハードウェア キーボード レイアウトの設定を変更する Windowsの「設定」画面を開きます。

「_」(アンダーバー(アンダースコア))などの記号を頻繁に入力する必要がある場合は、無理して英語キーボード(USキーボード)を使用する必要がないと思います。

なぜそういった状況が発生するかというと、最初に「日本語キーボードと英語キーボードで記号部分にキー配列の差異がある」と書いた部分がまさにその原因となります。