伊勢神宮では20年に一度社殿を建て替え神座を移す「神宮式年遷宮」が催行され、街に活気をもたらすことから「伊勢の町は遷宮のたびに新しくなる。 市域は旧度会郡及び多気郡の一部。

18
地理 三重県のほぼ中央部、伊勢湾に面する。

また同時に、3時間先〜15時間先までの雨雲レーダーの時間解像度を、既存の1時間間隔から10分間隔へ、空間解像度を既存の1〜5kmメッシュから250mメッシュへハイレゾリューション化しています。 古くから絹の生産が盛んで、隣接する桐生市と並び絹織物(伊勢崎銘仙)が有名である。 津市(つし)は、三重県中部に位置する都市で、三重県の県庁所在地である。

6
令制国では、伊勢国・志摩国・伊賀国の全域と、紀伊国(当初は熊野国)の一部、計4国より構成される。 2005年(平成17年)1月1日に行われた1市2町1村の合併によって人口が20万人を突破し、2007年(平成19年)4月1日に東に隣接する太田市とともに特例市に移行した。

独自の気象予測モデルの予測結果を用いているため、新たな雨雲の発生や雨雲の発達・衰弱、地形による効果も加味したより精度の高い雨雲の動きを確認することができます。 15時間先までの雨雲の動きを、90枚以上のレーダー画像で滑らかに表現することで、雨の降り出しや降り止み、降り方の強弱などの詳細な変化がより直感的にわかりやすくなっています。

江戸時代には「お伊勢まいり」の街として多数の観光客が訪れ、現在も伊勢志摩の中心都市となっている。 伊勢神宮の門前町として発達した都市で、「神都」の異名を持つ。

関東の東に低気圧があって、北東へ進んでいます。

東武鉄道の主力路線で大動脈路線である「東武伊勢崎線」の起終点である。 1906年(明治39年)までは度会郡に属しており、明治維新直後の慶応4年7月6日から明治2年7月17日まで度会府の府庁が置かれた。

三重県伊勢市に関するYouTube動画 三重県伊勢市に関するYouTube動画を表示します。 このアプリは、気象庁の最新の降雨予想システム「高解像度降水ナウキャスト」のデータを使用することで、 三重県伊勢市での直近の予想降雨量を確認できます。

1
北部では、 ここしばらくなだれに注意してください。 この新しい雨雲レーダーを実現したのが、HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)を導入した独自の気象予測モデルと、雨雲レーダーのために新開発したAI技術です。

三重県津市に関するYouTube動画 三重県津市に関するYouTube動画を表示します。 北部は寒気の影響を受けるため、曇りで昼前から時々晴れとなり、昼過ぎまで雪の降る所がある見込みです。 直近の式年遷宮は2013年に開催された。

7
近年は郊外型店舗の進出が著しく、特に伊勢崎オートレース場付近(群馬県道2号前橋館林線沿い)の発展が目立つ。