透明感を出す• とはいえモノ自体は決して悪くないし、むしろ価格の割にいいアイテムだと思う。 (急にちゃんづけー!) ということで。

9
乾燥が気になる人はもちろん、乾燥が気になり出す秋から冬にかけて使い分けるのも良いですね。 このリニューアルだと、使用感的にはそこまで変わんないのかな?って思っちゃう。

液がタプタプだから肌にめちゃくちゃ 密着する。 パックを終えたあとに肌の状態を確認したところ。

4
そもそも肌に合っていない これは超単純に、 パックに使われている何らかの成分が肌に合わなかったからヒリヒリした、という理由。 諸事情=ヒリヒリなんだけど。

美白=成分強いものが多いから。

10
むしろこの価格で潤うほうだと思うもん、ルルルン。

ルルルン ピンクの特徴• さすがに「毛穴が消えた」は言い過ぎですが、ルルルン白には 収れん成分が配合されているので、お肌を引き締めて、 毛穴を一時的に目立ちにくくしてくれます。 保湿力を重視するなら、肌の保護力が高いセラミドや油分を多く含むワセリンもオススメ。 リニューアル前もリニューアル後も、敏感肌向きではないかな~というのが本音。

だから「フェノキシエタノール」に関しては、気にしなくていいと思うわ。 また、毛穴をキュッと引き締めて、一時的に目立たなくしてくれます。

刺激がない子は、使い続けて全く問題ない。 液だれしない! の5つです! 目元部分のシートは、マスクを顔につけるときに「邪魔だなー」と個人的に思っていたので…(笑) ルルルンのマスクはそんなわずらわしさがないので、好きです(笑) あと、目元や口元の切り込み具合が絶妙なので、 隙間なく顔全体をマスクで覆えるところもいいですね。

10
ルルルンフェイスマスクを効果的に使うには いくら良いフェイスマスクを選んでも、使い方が間違っていたら台無しになってしまいます。 特に、冬場はお肌が乾燥しやすいので、シートマスクでお肌に水分を供給したら、速やかに保湿力の高いクリームなどをつけて、お肌の潤いを持続させることが大切です。

同価格帯のフェイスマスクと比べてると 液たっぷり系。 色々試したからこそ、これは断言できる。 ゴシゴシ擦るのではなく、円を描くようにクルクル洗っていきます。

8
緑色のメンテナンスタイプは、健康的な22歳の皮脂膜を模した保湿成分がたっぷりで、ハトムギ発酵エキスやプランクトンエキスなど、肌のコンディションを整えてくれる美容成分が含まれており、美容液でパックしたような贅沢感が人気の秘訣です。 水、 グリセリン、プロパンジオール、 アスコルビルグルコシド、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、パンテノール、トコフェロール、 パルミチン酸レチノール、グリチルリチン酸2K、 ムラサキバレンギクエキス、ソルビトール発酵多糖、 ワイルドタイムエキス、 ソメイヨシノ葉エキス、 ビルベリー葉エキス、 スクワラン、ピーナッツ油、 ソルビトール、水添レシチン、PEG-40水添ヒマシ油、キサンタンガム、EDTA-2Na、水酸化K、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、 BG :保湿成分 :美肌成分 :油分 ルルルン白マスクの良い点 ルルルン白マスクの良い点は、次の4つです。

横から見るとこのような感じ。 そのため、しばらくすると潤いがなくなっていきます。

14
ルルルンのフェイスマスクをしたあとは、美容液がお肌に浸透していますから、潤いがお肌に溢れています。 とはいえ美白成分入ってるから、全く刺激ない…ってワケじゃないんだけど~ 美白フェイスマスクの中では穏やかな方だと思う! プチプラで今気に入ってるのは「美肌職人」。

すごくいい!という感じはなかったので次は違うの試してみます? JIROが使えたフェイスマスク~低刺激(恐らく) 韓国フェイスマスクが好きでよく使うんだけど、メディヒールのシリーズは基本的に平気。

20
乾燥してデリケートな状態の肌にマスクをつけたことで刺激になってしまったのかと。 最後に、ルルルン白マスクの効果や安全性を評価するなら、100点満点で 80点といったところですね。

<高評価>•。

2
このマスクの売りは、 22歳の皮脂バランスに着目して作られているところ。