ゲーム内ストーリー上において、姿自体は2番目に訪れる町のポケセンで見ることが出来るが、野生で出現するのはずっと先のであり、序盤に使ってくるトレーナーもおらず、且つ公式から事前の情報発信もなかったため、ゲーム中の情報だけではなかなか正体が分からないポケモン。 そのターンの相手の技をすべて自分が受ける。 スポンサーリンク イエッサンのパーティメンバー考察 イエッサンの弱点は悪と虫。

14
夢特性は遺伝でも入手できる 夢特性は、孵化によって遺伝が可能です。

第8世代からは、相手の特性『いかく』の効果も受けない。 壁張り・バトン型のイエッサンを使う場合にはエースとして使うポケモンも用意しておこう。

3

メスは 子守りを 得意とするよ。

14
地面にいるポケモンはエスパータイプの技の威力が1. サイコメイカーを活かせるポケモンを入れておくのもいい。 何がなんでも攻撃を耐える「クレベース」 「クレベース」は元々高い防御種族値を持っていますが、特性「がんじょう」が解禁されることでアタッカー型などの変わった型を作れるようになります。

交代しても効果は続く。

13
第2弾DLC『冠の雪原』でカプ・テテフが復帰するため、もしワイドフォースを覚えたら 第7世代の悪夢再来となってしまうと思われていたが、実際には習得することはなかった。 音系の技。

育成論について紹介していく。

17
タイプ一致技。 もう1度使用すると元に戻る。

相手の『みがわり』状態を貫通する。

6
を思わせる赤紫の三角が眉間についている。 交換で入手できる 夢特性は遺伝しますので、個体値や性格が悪い個体であっても交配要因として機能します。

相手の下がった能力もコピーしてしまうので注意。 特殊耐久は高いが物理耐久は低い、 よって、基本的に特殊アタッカー相手にだし、物理アタッカーに交代される前にはやめに「リフレクター」は張ってしまいたい。 カプ・テテフとこの特性のシナジーは良好を通り越して 異常とも言え、• イエッサン育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 イエッサンはポケモン剣盾(ソードシールド)で新しく登場したポケモンだ。

19
交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。