カード名 理由 デッキのメインモンスター。 特に劣勢時にこれを引くとドーマ編のBGMが脳内に流れて大体勝てます。 レッドアイズスラッシュで攻撃時にを装備する。

10
《真紅眼融合》は、発動するターン、このカード効果以外では召喚・特殊召喚ができなくなってしまうが、手札・フィールド・デッキから融合召喚ができる。 何も効果を持たない通常モンスターです。

スキルも相まって、相手のバックを全破壊することも可能だ。 デッキにバック干渉手段がないので、1枚採用。 黒竜の雛の実装で注目を浴びる 初のミニパックにが収録され、レッドアイズの召喚が容易となった。

4
このカード1枚がレッドアイズに化けると考えれば非常に強力。 これの何が面白いのでしょうか。

そのままでは2回目の真紅眼融合が撃てないことがあります。 手札・デッキから「レッドアイズ」モンスター1体を墓地へ送り、そのモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。 このカード1枚がレッドアイズに化けると考えれば非常に強力。

11
飽きてきたのでランク戦ではレジェンド3で打ち止めにしましたが、十分キングを狙えるのではないかと思います。

その割には原作での登場回数はあまり多くなかったり。 サポートカードが非常に豊富 レッドアイズのサポートカードは非常に多く、素のスペックの低さをカバーするかのように、強力なカードが多い。

20
優秀な防御札だ。

戦士族モンスターと合わせてリリースすることで、を特殊召喚できる。

横にする効果はと相性が良く、装備カードになる効果はと相性が良い。 このカードは融合素材をデッキから選択できるエグい効果をしていますが、発動ターンは他のモンスターを特殊召喚できず通常召喚もできません。

主にエビルデーモンの蘇生に使用します。 デッキ&採用カード紹介 レッドアイズ関連のカード 数が多いです。 レッドアイズカードではないのですがこちらに記載。

19
デッキコンセプト 今回のデッキのポイントは2点。 2400と3000打点が並ぶことを考えても末恐ろしい。

ディアボロスが登場した以降の「レッドアイズ」デッキの回し方は、「レッドアイズ」と《闇黒の魔王ディアボロス》をフィールドと墓地をぐるぐるさせて、ビートしていくという回し方・展開方法を取ることが多くなった。

12
テンプレは使いたくない、テンプレは使うべきではないという価値観を押し付けるのは良くないですね。

の召喚率の高さと、による相手の行動を制限する動きが猛威を奮う。 これらのカードだけで20枚に到達します。

17
つまり、《伝説の黒石》《闇黒の魔王ディアボロス》の2枚があれば、フィールドにレッドアイズとディアボロスの2体の展開が可能。

この記事では、新パックの追加モンスターによってテーマデッキとしての価値が生まれた『レッドアイズデッキ(真紅眼デッキ)』を紹介します。

2
墓地蘇生カードとしては《真紅眼鎧旋(リターンオブレッドアイズ)》《レッドアイズスピリッツ》《復活の福音》などがある。 このデッキを活かすために、表示形式変更系のカードと合わせて使おう。