香取は「HappyBirthday! もうすぐ60歳になって、また歳は重ねていくしかない。 すごく自信がもてました」と、アドバイスされたことを明かし、さらに「その言葉って僕の中ですごく残っていて。 何の役でも僕でいいんだなとすごくヒントになる言葉をいただいたんです」と語ると、佐藤も「結局そこでしかないからね」と答えた。

おめでとうございます なんて言ったら良いか分からない」と安易に表現できないほど感激しつつ、「夢。

続けていけるような出会いの運があった。 それを見ていて、多分きっと俺もこうなんだろうなって。 元SMAPの森且行が11月3日、オートレースのSG第52回日本選手権で初優勝を成した。

20
そして、役者生活40周年を迎えた佐藤に、3人が「長く続けられる秘訣はありますか?」と尋ねると、佐藤は「やっぱり運だよね。 自分の身近でも、そんなクエスチョンな考え方を持っている人がいて、それが僕はとてもショックで、このテーマを凪沙の背景として描こうと思うきっかけになりました。

他人の意見は気になるし、周りのことが気になるし、自分って、どう思われているのかなとか、それは僕もすごく気になります。 」と総ツッコミ。 プライベートでも親交のある香取が「これまでに何度かお酒の席で、浩市さんが『役者やめてやる』と言っていたのを聞いたことがあって。

『ななにー』としても負けてないんじゃないでしょうか」とコメント。

生田演じるリンコは、トモの母親の代わりを果たそうとしていきます。

20
「小学生からずっと憧れていて、私の圧倒的スターでした」と3人について語る松本は、登場してからも緊張からなかなか3人を直視することができず、時折照れ笑いを見せながらトークを展開。

アイドルからオートレーサーに転向した当初は、従来のファンが殺到するため「元SMAP」の枕詞にナーバスだったという。 そして「震災を風化させてはいけないと思う気持ちもあったり、実際被災された方の気持ちに寄り添えるような役になればいいと思っています」と真摯に述べた。

7
このたび森且行が優勝カップを手にして涙声で「やっと約束が守れてよかったとおもいます」とコメントしたなかには、SMAPそしてジャニーズ事務所を辞める時の約束という意味も含まれていることだろう。

それは僕の人生だったり、演じることに関してだったり、年をとると色々とたまっていくじゃないですか。 でも人間って、複雑なんですかね。

2
そのときに浩市さんが、『それは草なぎの手塚治虫をやればいいんだよ』と仰ってくれて。 被災された方の傷、気持ちが、自分にとってどういうものなのかと考えると、どういうふうに演じたらいいのかというプレッシャーになったりもするので、がんばらないとなと思っています」とドラマへの意気込みを語る。

現実は進んでそうでいて、たいして進んでないっていうことも、何となくみんな心の中では分かっていますよね。

11
動画では、香取と草なぎがソーシャルディスタンスを保ちつつ、草なぎのギターに合わせて歌唱。 普段は朝の6時に寝るんですが、休みの場合は昼に寝ます」とコメントした。