糖質をとることによって血糖値があがり、筋肉の合成力を高めるインスリンが分泌されます。 ということは、運動後は筋肉や肝臓に蓄えられていたエネルギーが減ってしまっているということです。 高GI食品を摂取すると、インスリン分泌がより促進することにより、筋肉への血糖の取り込みが促進されると考えられています。

タンパク質は運動後30分以内に摂取すると筋肉がつくられるのに効果的とされていますので、どちらのタンパク質でもよいので、運動後に摂取しやすいものをなるべく早く摂取するようにしましょう。 ビジネスパーソンが行なっている日常の運動に、 ランニングがあります。

例 運動後、ダイエット中の場合 ・タンパク質 10g前後 ・糖質量 15~25g(約バナナ1本分) 電解質やアミノ酸の量は、人によって汗のかき方などに差があるので、気温や湿度によって調整しましょう。

7
ただ、長期間のダイエット中、どうしても食べたくなるタイミングがあるでしょう。 スポーツ栄養の現場的には、より速い回復が要求されるような場面では、マルトデキストリンが入っているエネルギーゼリーやドリンクなどを用いるとよいでしょう。

糖質もエネルギーとして使われるので運動後に摂取することがおすすめですが、摂り過ぎてはダイエットの効果が得られませんので注意が必要です。 しかしそうすると筋肉量も落ちてしまうため基礎代謝の低下・リバウンドを起こすリスクも高くなるという、何のために運動をしているのか分からない状態になってしまいます。

11
例えば、アミノ酸入りのスポーツドリンクはベストですね。 脱水することで、汗を抑え、体温調整ができず、代謝も落ちてしまいます。

しかし、何も考えずにただ運動をするだけでは非効率であると言えます。 市販のスポーツドリンクでも構いませんが、飲みやすくするために糖分濃度が高くなっているものが多いので、水などで2~3倍程度に薄めて飲むようにすると、喉の渇きも解消されて良いでしょう。

18
しかし、朝にあまり激しい運動を行なうとアドレナリンやノルアドレナリンが過剰になるというデータもあります。 特にトレーニング後30分以内なら、筋肉へのアミノ酸の輸送量は通常時の3倍になるとも言われています。

いろんな意味で食べ過ぎはよくないですね。 そんなとき体はどのような状態になっているのでしょうか。

12
さらに、運動の効果を高めるためには3食の食事だけではなく、運動後の栄養摂取も重要になります。

食べたら何でもかんでも脂肪になってしまうわけではありません。 しかし今、社員の健康上の問題は、会社の経営・業績に大きな影響を及ぼしかねません。

12
「食べるなら運動後に食べましょう!」 では運動後に食べても良い理由を紹介していきましょう。

ランニングは、手軽に始められるものですが、時間や摂取するものとタイミングを意識することで、トレーニング効果を最大限に生かすことができます。

8
マルトデキストリンは胃から小腸への移行速度が速く、よりGI値の高いブドウ糖と比べても運動後の回復効果が高いという実験結果があります。 つまり、筋肉の分解と合成が進んでいる状態なので、このタイミングでしっかりとタンパク質と糖質(炭水化物)を摂ってあげましょう。