関鳥星蘭(かんどり せいら) 声 - 背番号:5 ポジション:サード 投打:右投左打 身長:168cm 眼鏡をかけた肥満体の女子で、睦子に誘われダイエットのために野球部に入部する。

6
40歳を過ぎた後も国内外を渡り歩きながら現役の野球選手として活動している。 中学は大吾と同じ私立風林学園に進学。

仁科は前回の試合でたくさんのヒットやホームランを浴びている 大吾はこのままではいけない、やはりこのチームには俺なんかじゃなくちゃんとした監督が必要なのだと思っていた。 小学6年生。

14
もう絶望と不安はなく、あと新しい仲間とレギュラー目指して頑張るだけだと気合が入ります。

びっくりした…佐藤さんが監督って…!! 大吾にキャッチャーのイロハを教えてくれて、野球を続ける自信と悦びを教えてくれた特別な人…それが寿なのです。 アニメーション制作 : オー・エル・エム キャスト• 男の仁科に速球が勝てないのはあったものの、この前までただの歩くスカイツリーだと思ってた千代の成長を目の当たりにして危機感を覚えています。

両親は小学1年の頃に離婚し母親に引き取られたが、小学校編では寿也への気遣いから佐藤姓を名乗っていた。 そんな時に清水大河があらわれた。

そして、素直な早苗はその言葉に共感して寿の指導を受けて見る事を決意します! まずはキャッチボール! 早苗の持っていたファーストミットを太鳳のグローブとチェンジ。

5
大人を本気にさせた その後もテストを行いましたが… その姿を江頭は陰でじっとみていたのです。

元々グラウンドがなくなる風林中が持ち掛けた合併案なので、わざわざ風林中まで行かなくても来てもらいたいと愚痴をこぼしまくる早苗。 道塁はそんな早苗の様子に 元々自分に憧れて野球を始めた早苗には今の状況は辛いのではないかと心配するのであった。

1
エンディングテーマ [ ] 「」 第1シリーズ第1話から第13話まで使用。

この学校のエースは睦子だと清水大河につたえる大吾。 そこで、大吾は、上級生5人VS1年生5人の試合を提案するのでした。

1年生たちがいた南陽ライオンズは実力至上主義。