・小池百合子氏 大会の簡素化やコスト削減を図りつつ実施を目指す ・宇都宮健児氏 五輪開催中止の判断と招致以来の不正の追及 ・山本太郎氏 五輪は即時中止 ・立花孝志氏 五輪は2年後、または4年後に延期 ・小野泰介氏 五輪は4年後に延期開催 まず現職の小池氏は「簡素化やコスト削減を図りながら実施を目指す」という、穏当な回答である。 つまり中止宣言がズルズルと後ろ倒しになる可能性がある。

今までに発表された五輪の経済効果はコロナ以前の世界での計算であり、ワクチンが世界に行き渡らない限り、すでに完全に過去のもの、机上の空論なのだ。 実際に3000億とも5000億とも言われる延期費用の大半を払うのは都であり、すなわち都民の税金である。

潰れようが潰れまいが、東京五輪が世紀の愚行、蛮行たる事は変わりません。 東京オリンピック・パラリンピックが、新型コロナウイルスの影響で予定通りに開催できなくなった場合、延期は約6,408億円、中止は約4兆5,151億円の経済的損失が推測されることが2020年3月19日、関西大学の分析結果から明らかになった。 開催維持としては立花氏と小野氏も同じだが、両者は来年ではなく、再来年または4年後の開催を主張している。

17
「 米国在住の為、移動時にリスクが高いこと、 自分が感染しない・感染源にならないこと、 チームやファンの方々に迷惑をかけないこと などを考慮し決断しました。 いつもたくさんのコメントありがとうございます。

そこで今回は、主要候補者5氏の公約、または考え方を比較してみたい。

10
ただし、財政的な責任については、 開催都市と OCOGの両者が連帯し、かつ各自で負うものとする。 個人的な見解とした上で、今夏に開催できない場合は1~2年後の夏に延期するプランを考えるべきだと主張した。

最後まで戦っていたのは。

13
都知事選の結果がどうあれ、一刻も早く無駄ガネ食いの東京五輪を中止すべきである。

貯金が500億しか無いのに、どうやって五輪の延期費用を払おうというのか。 しかし、世界に冠たるメディアとの契約で返金なしという内容は考えにくく、関係者によると100パーセントではないものの相当額が返還されるという。

その金額では安すぎるとの指摘もあり、実際はその倍程度、5000〜6000億円とする予想もある。 現場の責任者が、もはや神頼みになっていることを世間に拡散してしまった。

Getty Imagesより 7月5日投開票の東京都知事選で、にわかに東京五輪の開催可否が注目を浴びている。 現場は中止を望むが、森会長は神頼み 組織委の森会長は7月23日、デイリースポーツ紙のインタビューで「中止はまったく考えていない。

10
仮に東京大会が2年延期されると、五輪と並ぶビッグイベントであるサッカーのワールドカップ(W杯)と重なる。

そして五輪クラスのトップアスリート達の予選ともなれば、すくなくとも半年以上前には日程と場所が決定している。 ですのでネットにあるオリンピック中止による違約金が〇〇億円かかるというのは噂なのかもしれません。

8
NOC、 OCOGあるいは開催都市によるオリンピック憲章違反、 IOCの規則や指示の不履行、 または義務違反があった場合、 IOCは開催都市、 OCOG、 NOC によるオリンピック競技大 会の組織運営を取り消す権限を有する。 ・オリンピック中止の賠償金の財源:増税 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! NOC、 OCOGおよび開催都市はオリンピック競技大会の組織運営と開催に関して各自で、 または3者そろって結んだ約束に対し、 連帯して、 かつ各自で責任を負う。

, 東京都オリンピック・パラリンピック準備局によれば、東京オリンピック・パラリンピック開催によってその前後で32兆円の経済効果があると試算されています。 ただし、財政的な責任については、 開催都市と OCOGの両者が連帯し、かつ各自で負うものとする。 。

3
わざわざ簡素化やコスト削減に触れているのは、組織委同様、すでに民心が五輪から離れていることを感じ取っているからだろう。 ではここで主要候補者5氏の、新聞社等メディアへの五輪開催に対する回答を見てみよう。