2020年1月14日閲覧。

13
今回のマイナーチェンジでは、フロントのグリル・ヘッドランプ、リヤのコンビネーションランプなどの意匠変更、新外板色4色を設定。 3代目モデル(ZVW30型)の発表を2週間前に控えたよりにて、「TOYOTA PRIUS Presents 」という番組を放送開始。

プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2017年2月15日 ,• トヨタグループ以外では、2代目アクシオをベースとした、にこのエンブレムが装着された。 「S」、「A」、「Aプレミアム」には「ツーリングセレクション」を設定。

。 キャッチフレーズは「ハイブリッドの次は、なんだ?」で、CMキャラクターにはを起用。

これは、さまざまサイトやYOUTUBEで危険性が指摘されている。 歴代より実現してきた優れた環境性能にさらなる磨きをかけた「プリウス」。

6
8Lガソリンエンジンに、82馬力のモーター、システム全体で136馬力相当の出力とする。

そのため予算も開発時間もより掛けられているようにみえる。 また内装色やボディカラーなどの選択肢が「E」に比べて豊かなものとなっている。 また衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」やシンプルインテリジェントパーキングアシスト、LEDフロントフォグランプ、ナビレディセットなどを採用して、安全装備を充実した。

また、S LEDエディションには、アクア/ミストグレーのツートーンスエード調ファブリックシート表皮(ダブルステッチ付)、本革巻き4本スポークステアリングホイールなどを採用し、上質で洗練された室内空間を演出している。

ラインアップは、より低燃費を追求した「E」、基本装備を充実した「S」、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」をはじめ先進装備を充実した「A」、「A」の装備に本革巻きのステアリングホイール・本革シートなど、上級装備を充実した「Aプレミアム」を設定。

3
PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2013年4月8日 ,• 在庫対応分のみの販売となる。

また災害時などに役立つ、外部給電機能を全車に標準装備した。

1
ソーラーベンチレーションシステム、リモートエアコンシステム、タッチトレーサーディスプレーなど、これまでのクルマにはない最新の装備や仕様もいろいろと用意。

4L車並の動力性能を実現。

2
のトヨタグループの電動回転広告板には2009年 - 2011年の間、「 魅せろよ プリウス」という広告が掲示されていた。