そこがムニエルの非常に難しい所。

ムニエルとはフランス料理のひとつであり、「ムニエ(meunier)」というフランス語では粉屋または製粉業者という意味がある。

【八充の紹介記事】 お知らせ板(twitter). お近くのお店で見かけたら先ずはムニエルでお試しください。 弱火にかけ、鮭をじっくり焼く 鮭を並べ入れたタイミングで火にかけます。 魚のフィレに塩コショウをし、2~3分程おいておく。

つまり、これから鱈のバター焼きを作るということです。

腹の中をキレイに洗ったら、ヒレも切り落としておきましょう。

中火で熱したフライパンにオリーブオイルをひき、1を入れ、香りが出てきたら3を入れ、片面5分程焼き、こんがり焼き色がついたら裏返します。

それほどポテンシャルが高い魚です。

1
冷たいフライパンにオリーブオイルを入れ、鮭を皮目から入れる 「必ずフライパンが冷たい状態で油と鮭を入れてください。 皮も含め、全体に振りかけて10分おきます。

ヴァンブランソースの作り方はこちら。 生のタラの場合は、 1、塩を振りかけて10分くらいおきます。

17
水気をキッチンペーパーで拭き、塩こしょうをふり、薄力粉をまぶします。 を合わせるのもおすすめです!• 僕も初めてこのムニエルを食べたとき衝撃を受けました。

形が舌の様な形をしているので舌平目。

2
そして、タラにもいろいろ種類がありますが、それはまた別の機会にします。

それだけ難しい調理法なんです。 残りの1割は余熱で勝手に火が通るので、フライパンの中では9割火を通してください。

11
自宅で簡単に本格的な洋食が楽しめますよ。