耐水ペーパーでヘッドライトを磨く まずは、耐水ペーパーで磨きます。

13
ヘッドライト黄ばみ110番を運営するカーゴシゴシの三瀬です。 ライトカバーの裏側 黄ばみの場所の2つ目が、ライトカバーの裏側です。

ヘッドライトが黄ばんでしまう一番の原因は、太陽の光、紫外線です。 アルカリ性のタイプや有機溶剤が含まれているものは、ポリカーボネイトにダメージを与えてしまうからです。 車のヘッドライト汚れの種類 まず車のヘッドライト汚れ(劣化)には、大きく2つの種類あります。

8
コーティングはヘッドライトを耐水ペーパーで磨き、コート剤を使用します。

なので、ヘッドライトの内部に問題がある場合は、ユニットそのものを交換したほうがいい場合が多いのです。 ちょうど良い動画があったので紹介します!. さっそくパッケージを開けてみましょう。

14
黄ばみが強い場合には、目安として1000番、1500番の耐水ペーパーから磨きはじめ、黄ばみが少ないヘッドライトの場合は2000番辺りからはじめるといいでしょう。 デメリットはずばり、料金が高くなることです。

ですから、黄ばみを予防するためには、紫外線が当たりにくい駐車スペースを確保することが大切です。 ちなみにアマゾンでよく売れている「SOFT99 LIGHT ONE ヘッドライトリフレッシュ」を使うと、次のような簡単な手順で済みます。 ヘッドライトの表面についている泥などの汚れを「水洗い」か「水で濡らした布」で拭き取る• 防水ペーパーが全体的に目が荒いのに対し、コンパウンドは目が細かいので、防水ペーパーで作業した後の仕上げに適しています。

青空駐車場よりも、屋内に車を停められるスペースを確保しておくことが、ヘッドライトの黄ばみ予防になります。 多少めんどくさいとは思いますが、日々の積み重ねで黄ばみや曇りを予防することができます。

このヘッドライトクリア塗装後の剥がれは原因がいくつかあります。

10
細かな傷だから大丈夫というわけではなく、気にしないような細かな傷でも積み重なれば結構なダメージになるのです。 この場合、曇りや黄ばみなどをキレイに取り除いたとしても、すぐに元のような曇った状態や黄ばんだ状態に戻ってしまう可能性が高いと言えます。

ヘッドライトの黄ばみ取りは、車のメンテナンスではDIYがやりやすい部類です。

最悪、部品ごと交換しなければいけない事態になることもあるので、早めに対処しましょう。

他の原因としては、洗車などを小まめに行っていないとすぐに劣化してしまい黄ばんでしまいます。 今回はヘッドライトのクリア剥がれ(ハードコート剥がれ)についてです。

1
ヘッドライト専用のコーティング剤は、近くのカー用品店や楽天、Amazonで簡単に手に入ります。

単に「ヘッドライトリペア」といっても、 下地処理の施工法で耐久性が大幅に変わります。 そのため約2~3時間が目安となります。

4
ヘッドライトが白く曇ってる• プラスチックを磨くため静電気の発生が激しい• こちらはホームセンターなどで手に入れることができます。

乾く時間はコーティング剤によってまちまちですが、 だいたい24時間は濡らさないように注意して下さい。 コンパウンドは耐水ペーパーよりさらに目が細かいので、よりピカピカに磨き上げることができます。 の研磨技能監督官も在籍するエコスタイルなら、ハイレベルな研磨技術で最高の仕上がり品質を提供いたします。

11
しっかりとヘッドライトリペアの下地処理を行うことで、綺麗な状態が長持ちする非常に耐久性のあるヘッドライトになります。 ヘッドライトをコーティングする ヘッドライトを磨き終えたら、表面をコーティングする必要があります。