無料対象の食事だけをして、スタッフが話しかけてもコミュニケーションを取っていただけない方がいます。

しかし、パスポートを没収された方のツイートには市の消費者センターに通報した結果、少額訴訟を起こせば一万円は返ってくると思うと返答があった事を伝える内容が投稿されています。

同意いただけた場合にCFのリターンである権利の有効化」としている令和納豆と、「『読んでおいてください』といった形で渡された」というAさんや、「細かい規約内容を説明されたかどうかは覚えていない」というBさんとの間に、やや食い違いがある。 そもそもそれが 信頼関係の構築が難しいというのは無理を感じる。 実際にCFで掲載されていたリターンを見てみる。

9
店員から「信頼関係がなくなった。

令和納豆の無料パスについて、公式Twitterで新たな展開がみられました。 クラウドファンディングはお金だけでなく人と人とのつながりが最も重要であり、そこに「人の心」という大切なものがあるからだ。 なし崩しにそのまま無言で店を出るなりしてしまうと、失効について納得したという令和納豆が主張しそうな言い分が通りかねません。

20
詐欺呼ばわりまでされたら流石に黙ってはいられない。 Aさんは「利用規約のどこにどう違反したかは聞いていません。

そして、今回は「令和納豆の生涯無料パス」の理不尽な剥奪が行われ、Twitterなどでにぎわいを見せた。

例えば、スーパーが卵1パック100円のセールをする時には、「500円以上の買い物をした場合に限る」などといった注意書きがあるはずです。

・アンケートへの回答が不誠実だったから。 」というような記載は 利用規約には書いていません。 ネットで『 こんな不味い店に価値はない。

私も令和納豆の被害者です。

アンケートの回答が不誠実だった 同じく生涯無料パスを没収されたBさんは、利用規約について「CF募集ページに書いてあった『1日1回』といったことは言われましたが、細かい規約内容を説明されたかどうかは覚えていません。

15
納豆は美味しいのに、とても残念。 だが、実際に同パスを没収された複数の元所有者はJ-CASTニュースの取材に、例示されたような行為は「していません」と即答する。