斑点にかゆみはありません。 アレルギー性紫斑症の疑いがあったら、早めに専門医師を受診しましょう。

7
原因となる浮腫 うっ血性皮膚炎は浮腫つまり、むくみを生じる人にも起こりやすい疾患です。 小さな血管のつまりによる循環不全(肺塞栓(はいそくせん)による呼吸困難)• にくげしゅとも言います)とよばれる病変を生じる病気で、日本では20歳代に発症のピークがあります。

女性の場合、赤い斑点が足にできると人目に付きやすく、危険は無いといっても気になってしまう方もいるでしょう。

4
かゆくないからと言って、見逃さずに一つひとつの身体のサインをくみ取って医師の診断を仰ぐことが大切です。 紫斑病は色々な種類がありますが、単純性紫斑症の場合は赤い斑点が出る以外の症状はありません。

引用元: スポンサードリンク 日本でも6万人~10万人の患者さんがいるということで 自分には関係ない病気とは言えません。 参考: 症状を悪化させないことが大切 体に赤い斑点ができるさまざまな原因についてお伝えしました。

18
アレルギー性紫斑病は別名、血管性紫斑病やアナフィラクトイド紫斑病などと呼ばれる、子供に多い病気で、数は少ないですが大人でもかかることがあるそうです。 ジベル薔薇色粃糠疹(じべるばらいろひこうしん) ジベル薔薇色粃糠疹は、体の肌のいたるところに赤い斑点が現れます。

神経系の障害。 しかし2〜3日目に赤い発疹があります。

アレルギー反応で起こる 丘疹はアレルギー反応によるものなので原因は多岐にわたっていますが、食べ物・衣類・石鹸などが該当するでしょう。 代謝障害。

15
うっ血性皮膚炎 うっ血性皮膚炎とは、下肢の血流が悪くなることから起こる病気で主に足首に症状がでることが多く、膝に向かって広がる可能性もあります。

20代の女性に多く見られ、詳しい原因はわかっていません。 戸倉新樹(とくら・よしき)さん 浜松医科大皮膚科学教授=静岡県浜松市 Q どんな病気ですか。

1
拭かずに自然乾燥させるとカビが次第に広がる原因になるので注意が必要です。

紫斑病にはいろんな種類のものがありますが、一般的に症状として現れる紫斑病はこの単純性紫斑病が多いです。 さらに悪化すると腎不全になってしまうこともあるので、注意が必要です。

12
麻疹は急性感染性ウイルス性疾患である。

掻きむしってしまうことで皮膚症状が悪化してしてしまうので冷やすなどして対策したほうが有効になります。 関節痛や腹痛などの症状や、悪化すると脳閉塞になることもあります。

1
爪に寄生された場合、自覚症状が無いことが多く、慢性化するケースがほとんどです。

痛みを伴う状態には、重度のかゆみが伴う。 赤い斑点がかゆくない場合 単純性紫斑病 かゆみを感じない場合で皮膚にたくさんの赤い斑点ができる場合は単純性紫斑病である可能性が高いです。

足の場合、主にすねや太ももに強いかゆみが生じ、 粉をふいたようなカサカサや 亀裂がみられることもあります。