足元は上限解放ポーズから茶色のニーハイブーツを履いている模様。 >ダメージ上限アップの上限が20%とのことですが天司石は別枠として20%の状態でも効果あるのでしょうか。 2019年5月の土古戦場ではベンチで大活躍をしていましたが、 もはや今の土パでは人権キャラ並みの性能なので、取って損は無いでしょう。

15
コスモス武器のタイプに束縛されない。 また、白虎拳なども、スキルが異なれば同一としてカウントされないので、 意外と武器の編成の幅は広めだと言えるでしょう。

自分の今の編成でもダメージ減衰まで出てくれるのだが、ダメージ上限が入るなら今よりもダメージが出ることに期待できる。

経過ターンは26 討伐時間は11:01 ~カイムあり~ カイムあり編成のサブと装備。 おわりに 総評がちょっと辛辣になってしまいましたが、以上、カイムについてレビューしてみました。

ちなみにこのアビリティ、多段攻撃では1発目しか防げないので注意。 相手を3ターンの間圧倒的暴力で蹴散らして行こうね。

11
バフ無しトライアル試行 (だいたい) 50%時 通常ダメージ カイム19.5 マグナ13.8 3:2でカイム有利 1%時 通常 カイム15,4 マグナ9. まぁただ、ちょっとネックなのは「 装備している武器が全て異なる時」の内容で、 編成している武器種をそれぞれ違うものにしないといけない点はマグナには少し厳しい。

あくまで攻防デバフがメインと捉えましょう。

20
外出を自粛することで暇人となった騎空士です。

また、アラナンの取得を目指すことはすなわち、アーカルム屈指のぶっ壊れ石である サンを強化することを意味するため、 賢者の中では依然として優先度が高いです。 3、HPに攻撃力が依存しにくい は以下の通りです。 他の十賢者の詳しい性能は知りませんが、火属性のジジイ「 アラナン」は強すぎ。

5
まだまだ戦っていけるでしょう。

ルナールより上位のグラゼロコピー要員としても使えますね。 なお、種類については以下の通りです。

20
今回のエッリルやなんかがそうですね。

アラナンの影の切り札です。 このアビリティに関しては完全に使いこなせなかったです。

ここにさらに奥義、通常、アビリティにかかるオメガ武器、終末武器などの上限が足されます。 私はショタは編成になるだけ入れたくないので、完成マグナ2が有利になる編成を考える旅にでます。

各種マルチを荒らし回った全盛期に比べると勢いは大分落ちましたが、 有利属性相手の短期戦では相変わらず主力です。 抱え落ちや使わず戦闘終了という状況は避けたいところ。 その辺を考えると何かしら毎回アビリティを挟んで奥義をどんどん回すのが良し かもしれない。

関連記事:単発火力的にはマグナ両面>片面>両面となります。