そんな二人の差を視覚的に表現した結果、典道の方が背が低いということになったということではないかと思います。 これらの要素からは映画の映写機が連想されないだろうか。

17
ここでなずなが「」を歌いだし、電車の中は幻想に包まれるが、トンネルを抜けたところでその世界は突然断たれる。 でもやっぱり、 原作でも流れた「Forever Friends」が1番自分の感性にピタッとハマって心地よかったかな。

正直なところ、私は見終わった直後は、「え?」と思ってしまいました。 この2つはまったく異なる解釈ではあるのだが、この後に続くシーンがあまり少なくてどっちにも定めることができない。

18
。 せいぜい、主人公とヒロインの身長が同じくらいです。

不思議な玉の効力を知ったことで儚い運命に巻き込まれていく。 少年たちの時間 少年たちの世界を描いた有名作品としては、監督「スタンドバイミー」なんかは、面白かったりしますが、いずれにしても、少年たちによる少年たちの時間というものは特別です。

15
なずなも 「こんなことうまっくいきっこないってわかってる」 と言っていますから母親に連れられ転校していると思います。

これは、 各エピソードのタイトルは「〜するか、〜するか」という形で統一するというルールが番組にあったためである。 「もしも、あのとき俺が・・・」 なずなを救えなかった典道は、もどかしさからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつける。

3
ぼく自身、岩井俊二監督が作り上げた日常に潜む神秘的な世界観を無視し、子供向けのファンタジー作品と化した脚本に嫌悪感を抱きました。

なずなは男子の理想の虚像なのだなと思いましたが、それにしてもぶっ飛んでるなと思いました。 典道はなずなに祐介の伝言を伝え、途中まで一緒に帰ろうとするが、そこになずなの母親が登場。 もともと、「if もしも」というフジテレビのドラマシリーズの一作として作られたのが本作となっています。

再び、年齢相応の子供になって、なずなは二人ではしゃぐのです。 もしも、というのは、だいたいにおいてできの悪い妄想となりがちですが、本作品は、そんな揺れ動く少年少女の心を掬いあげるような映像表現となっています。

そして、この物語は終わります。

17
で、花形の花火を見たとき、典道本人が「この世界は違う」と言っていることから、現実の世界とは異なる世界であることがわかります。

これも人によって解釈がいろいろである。 (この映画が手描きなのか3Dなのかは知りませんが、どちらにしても相当な作業量を要します) それらをハイクオリティで表現できとはとても素晴らしいと思います。 渋々、祐介の実家に行き怪我を治してもらった典道だったが、そこに大きなトランクケースをもったなずなが現れる。

11
親に反発したなずなは、プールで競争する典道と祐介を見て、勝った方と駆け落ちしようとひそかに賭けをする。 2017年に公開された、アニメ版「」ですが、本作品の元となった作品は、あの監督が有名になるきっかけとなった作品でもあります。