各ボスに「ダメージ上限スキル」が追加 1回の行動でダメージが85万を超えると、与えるダメージが減衰するというもの。 「ニャルおりゅ?まさかお持ちでない!?」 「ニャルがクソ過ぎる!」 「クランバトルはプリコネの一大コンテンツの一つなのに、これじゃ面白くない」 「ニャルいない人、クラン加入お断り」 「プリコネ辞めます」 「ニャルのワンパン編成出来ない人もいるのに批判しすぎ」 「運営、詫び石はよ」 「ニャルはナーフしろ!」 …等々、Twitterや某掲示板は炎上状態となりました。 撃てば撃つほどダメージが「 倍々レベル」で上がっていくので、残り18秒からの継続毒以降、どれだけUBを撃っていけるかが1凸の鍵になってきます。

高スコアにはニャル編成用のパーツが必要 正月キャルの驚異的な火力は、 デバフやTP周りなどの環境を整えることで発揮できる。

2021-02-14 17:00:00• 「キャル(ニューイヤー)」と「コッコロ(ニューイヤー)」は今後再登場する場合があります。

9
上記は、ガチャを更新するタイミングでガチャを利用すると発生するエラーです。 着物が似合ってる?いちいち言わなくていいわよ!けど、見る目あるじゃないふふん。

くわしくこちらの記事でまとめているのでよろしければ~。

バトル中盤と終盤にバフ強制解除を使用するダンジョンEXTREME3のボス「ラースドラゴン」 HP3500万 ですら、バフ解除が来る前に討伐できる始末である。 物理クリティカル• important;text-align:center;padding:10px! 水着キャルより若干ステータスが低めですが、今後専用装備が実装されれば同じくらいのステータスにはなってくるでしょうね。

とはいえ、高倍率アビリティダメージを撃ちやすく、初心者層で使いやすいなど強みはしっかりある。

2
極稀にではあるが復刻ガチャが開催されることもあるため、まだ仲間にできてないプレイヤーは極力機会を逃さないようにしたいところ。 実装月である2020年1月クランバトルでは、早速 2体討伐 貫通 や全ボス全段階ワンパン討伐などをやらかす 壊れアタッカーと化した。

5周年では実装時期は「未定」でしたけど、タイミング的には近々きてもおかしくはなさそうな気もしてます。 コッコロとネネカは、それぞれステータスの「TP上昇」の数値を上げるUBを所持• 2021-02-15 23:13:43• 惜しむらくは期間限定ガチャのキャラであるため、仲間にできる機会が非常に限られてる点か。 以上のように、2月以降運営はキャル ニューイヤー を想定したゲームバランスを意識するようになっていきました。

4
ただし、大人気タンクの一角であるには初撃のサンダーボルトをスキルで回避されてしまう。

典型的な。 TP回復量が大きくなればより早くUBを撃てるようになり、ニューイヤーキャルの火力をさらに活かすことにも繋がってくるのがこの編成の強みですね~。 しかし当時、ダメージが7桁を超えるとダメージ表示がバグる事が発覚。

他のキャラの魔法攻撃力アップのバフがあれば、さらに数字を伸ばしていくこともできそうです。

また、着弾の遅さもある程度改善されており、2手目のウォーターバレットがミヤコに避けられることはなくなった。 正月キャル実装されるや否や、ユニオンバーストのバフ効果である自身の魔法攻撃力アップ効果が永続かつ累積という前代未聞の性能であった。 魔法攻撃力アップだけじゃなく、TP関連も重要な要素になってきそうですね。

5
高レア出現率2倍、無料10連ガチャとまさに年末にふさわしい豪華なガチャでした。 「キャル(ニューイヤー)」は今後再登場する場合があります。

しかし、私は初心者の人達が楽しみを得られる機会が減っている気がしてならないのです。 あけましておめでとうまぁ今年もよろしくねまた騒がしい一年になりそうだけど…• クエストの上級を担当し、やなどを使用したスペル軸のデッキで挑んでくる。 しかし上記のような背景はあるものの、美食殿の仲間といる時は純粋に楽しんでおり、そのような発言はあくまで冗談の範疇である。

18
とはいってもニャーイヤーキャルを含め限定キャラを4人使用するため、編成の難易度は高い。 これにより誰も彼もワンパンとまではいかなくなったが、相変わらずダメージディーラーとしては最強クラスであり、特に3段階目まで 34周目まで は相変わらずワンパンされているのが実情である。

みんな年の始めから元気ねあたしは家で静かに過ごしたい…い、いや、別にあんたと居るのが嫌ってワケじゃないから!• 『目の前の敵1キャラに魔法特大ダメージを与え、さらに魔法攻撃力を中アップさせる。 第9話の水着回ではゲーム版での台詞の再現やカナヅチ暴露がされており、海の家売上対決では相手の挑発にキレて美食殿の仲間を巻き込んでまで当事者のサレン達よりも勝つ事に拘る姿を見せた。

12
しかしこれらの楽しみ方、非常に問題が生じやすいです。