悔し涙は沢山でたけれど、来年はもっと勝ち進んで大好きな仲間と最高の野球をするんだと思った。

この問題に限らずみんなが払った税金をどう使うか、というのは何となく決めてはいけないし、払う私たちも何となく払ってはいけない。 健康で豊かな生活といわれても、あまりイメージできませんが、国や県が運営する様々な活動の資金になっています。

実はこういう考えをもっているのは私だけでなく大人も含めてたくさんいると思います。

8
私のいとこは、小学校のときに頸髄を損傷し、手足が動かない状態になった。 今回は税の作文の作成例を紹介します。

税からの恩恵をしっかりと受け止め、よりよい国作りの手助けが税金だということを忘れずに、そして国を守るために何が出来るかを一人一人が考え、国民で創りあげる国にすることが大切なのかもしれない。

2
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。

この社会は、どこかの誰かの『未来を想う優しさ』が『税金』という形で集まり、その恩恵であふれている。

7
私は、介護老人ホームでのワークキャンプをきっかけに、介護福祉士を目指し、高校は社会福祉科のある城北高校に入学した。

毎日を快適に過ごせることを当たり前のように過ごし税金の恩恵を受けていることを見過ごし、支払わされているだけの感覚に陥ることが一番怖いことなのかもしれない。 さらに、家族が幸せに過ごせるよう、健康を支えているのは自分だという満足感を感じるようになったという。 【税務署長賞】久保茉央(別府翔青)時松杏奈、有馬鞠杏(別府鶴見丘)釘宮愛佳(別府溝部学園) 【租税協会長賞】中根楓果(別府翔青)間部陽菜(別府鶴見丘)児玉青空(別府溝部学園) 【団体長会長賞】伊南美月(別府翔青)清末凉介(別府鶴見丘)林幸未(別府溝部学園) 続きを読む. まだ働いていない私にはあまりぴんと来ません。

13
税金の流れを想像すると、経済の血液という言葉はぴったりで、自分の手元から出て行ったお金が何かの形で自分に戻ってきているんだなと実感できます。

また、今後私は「地球規模の税金」にも関心を持とうと思う。 先ほど、皆さんが立った時に椅子をきちんと机の下に入れるのを見ました。

9
私たちもいずれ今以上に社会保障制度に支えられるだろう。