しかしドコモケータイ補償サービスの場合、1年間に2回まで、それが機種を使っている間はずっと その補償内である、という違いは非常に大きいと思います。 万が一に備えて、事前に加入しておくケータイ補償サービスですが、当然のことながら、自分がスマホを壊さなければ、ケータイ補償サービスの恩恵を被ることはありません。

20
リフレッシュ品とは外観などに問題がない程度の傷などが入っている物です。

(私はあまり家から出ないので、壊したり失くしたりするリスクが普通の人より低いです) 2年毎に機種変更をするような一般的なユーザーの方に目安を提示しておくとすれば、月々サポート対象機種なら18ヶ月程度、端末購入サポート対象機種なら12ヶ月程度の期間で良いのではないでしょうか? いずれにしても、冷静に計算してある程度のところで 「見直し」することは重要です。 ドコモインフォメーションセンターに連絡• ケータイ補償サービスの補償内容は、主に次の5点です。

20
そして新品のスマホかリフレッシュ品が選べます。

ご利用の機種によっては、同一の機種をご用意できない場合があります。 必要な情報がまとまっていなかった• しかし、2019年7月からは最短で当日中、サービス利用の申込みをしてから4時間以内に交換電話機を手に入れることができます。

8
解約の手続きをする際は、まずモバイル保険のホームページに入り、マイページにログインすることで解約手続きを進めることができます。 キャンペーン情報• なお、書類を返送する際の添付書類は以下の通りです。

ドコモのケータイ補償サービスとは? ドコモの「ケータイ補償サービス」とは、ドコモで携帯(ガラケー)・スマホ・タブレットを契約した人が加入できる有料の保証オプションのことです。 受付時間:9時~20時 ドコモオンラインショップで申し込む場合• オンラインショップで注文する時に必ず「ケータイ補償」についての選択画面が出てきますが 「あ~ちょっと高いな~」なんて思ったりしたことないでしょうか? でもバッキバキに割れた画面みたら「補償入ってたっけ」って絶対頭によぎりますよね・・・ もちろんオンラインショップだけじゃなくて店舗でも説明されたりもしますけどね! なくてもいい、なんて思うかもしれないけれど、実際のところ画面割れなんかがあると それを実費で全部自分で賄うとかなりの金額に・・・なることも。

20
もっとも、スマートフォンも電気製品ですから、保証期間があります。

スマートフォンには1年程度の保証期間があります! この期間中、取扱説明書に記載の使い方に沿って使用していたにもかかわらず故障した場合は、スマートフォンの保証書を持参すれば無料で修理が受けられます。 機種変更などスマホ購入を伴わないと補償されない dカード GOLDに付帯しているケータイ補償には上記のような特徴があります。

3
水濡れや紛失、全損などあらゆるトラブルを補償。

対象外例・落としたりぶつけたりした場合 ・水ぬれ ・電池など消耗品の不具合 ドコモのケータイ補償サービスとは!? ケータイ補償サービスは、故障や水濡れ、盗難、紛失などのトラブルに対し、月々一定額の料金を支払うことでいざという時の出費を抑えられるサービスです。 端末によって加入できるコースが決まっています。

8
ケータイ補償が受けられるか判断を仰ぐ・利用受付をする 店頭でケータイ補償が受けられるか(修理不能であるか)の判断をしてもらう必要があります。 サービスの対象となる端末 iPhoneユーザーも対象になる? ドコモケータイ補償サービスは、iPhoneユーザーも対象です。

逆に機種変更の前に壊したり、水没・紛失・盗難が多い人は、月額料金を払ってでもdocomo保証サービスに入るべきです。 My docomo 契約内容・手続きのタブから解約の申し込みができます。

ケータイ補償サービスは、水濡れや紛失、全損など端末に関するトラブル全般を補償してくれます。