石井裕也監督 きっと多くの役者が避けるであろう重く苦しい役なのに、大島優子さんはあっさりオファーを受けてくれました。 そのときは意識的に見てますから。 本作は、映像で語られていない部分を、観客が想像しながら鑑賞していく作品の為、 人によって捉え方が違うでしょう。

17
愛と死の相性ってすごくいいというか、ものすごく近いものだなと。 厚久は、大切な存在に本心を伝える恐怖から泣き叫ぶのですが、 作品全般を通して、厚久が感情を爆発させるのは、この場面だけとなっています。

スタッフ [ ]• こんなのは監督人生で初めての経験でした。

3
キャスティング - おおずさわこ• 鈴の所に走って行った厚久が、どうなったかは分かりません。

とてもシンプルなことでありながら、一番大変なんですけど、自分自身から湧き出たものを自分で信じること、そしてそれらを自分でキャッチして、それを表にきちんと出すということを徹底しました」とふり返る。

13
でも、作品を作るとことは、そういう相乗効果があってこそだと思うので、「してやられた(嬉)」ですね。 ですが、逆上した洋介は、透を殴って振りほどきます。

仲野とは2017年の『南瓜とマヨネーズ』以来の共演となる。

14
登場人物 [ ]• 「ある重要なシーンの本番中、突然大島さんにスイッチが入って、その芝居があまりにもすごくて、ひっくり返るほど驚きました。 製作 - 『生きちゃった』製作委員会• 厚久は、本当に大切な人に本心を伝える事が、昔から苦手で、早智子を自宅に入れた時も、その悩みを聞いてもらう為でした。

こうして紡がれた破格のエモーショナルな熱量が、衝撃のラストで最高潮に達する。

19
応募要項は以下のとおり。

半年後、奈津美は鈴と一緒に、洋介との生活を始めていましたが、洋介は全く働かず、奈津美の収入だけを頼っており「デリヘルでもやって稼げ」と言い放ちます。

12
監督・脚本 -• 連続テレビ小説「スカーレット」での好演も記憶に新しい大島優子が、石井裕也監督オリジナル脚本による仲野太賀主演映画に出演していることが分かった。 大島 石井監督から名前を挙げていただいて、その後、脚本を読ませていただいて「何だ、これは!?」と驚きました。

急な事態に厚久は、感情を押し殺すことしかできませんでした。 ある種、日本人の在り方を象徴する慎ましく不器用な夫にして、父親にして、息子でもある寡黙で純粋な男を演じ切った。

なにげない日常を送っていたある日、厚久が奈津美の浮気を知ってしまう。 大島優子主演ということでたくさんの注目を集めていましたね。

ある時、仕事先で体調を崩した厚久は、早退し自宅に戻ると、奈津美が洋介という男性と不倫をしている現場に遭遇します。

15
幸せな結婚生活を送っていた厚久たちですが、それはある日突然終わりを迎えます。