2021年1月5日(火)以降は、Google Chrome、Microsoft Edge、Firefox、Safariのいずれかのブラウザをご利用いただきますよう、よろしくお願いいたします。 所要時間: 15分 カテゴリー:、 ほうれん草のソテーの作り方 茹でずにおいしい簡単レシピ! ほうれん草のソテー、下茹でしてから炒めていますか? ほうれん草は、アクが少し強いので、下茹でしてから調理するのが鉄則! とはいえ、一度茹でると水っぽくなってしまうことと、栄養分が流出して減ってしまうのが難点です。

5
ニンニクをフォークでさして『 ニンニクフォーク』を作ります。 バターが溶けて、少し泡が消え始めたら、水気を切ったほうれん草を入れます。

ほうれん草の下茹で方法 ほうれん草をゆでる前にボウルに水をはって、泥などをしっかり落としましょう。 炒めてからだと、ほうれん草の葉が閉じてしまい、全体に塩が馴染みません。 フライパンや中華鍋で炒める時、思っているより嵩があるように見えるので、「これでは多すぎるかも?」と思うかもしれませんが、葉野菜は火を通すことで嵩がぐっと減ります。

7
特に根の部分に泥が入りやすいので、包丁で十文字に切れ込みを入れておくと汚れが落ちやすいですよ。 それから葉っぱのほうを加えると、炒めやすいし、火の通りが均一に仕上がります。

また、日本で昔から育てられている葉が薄くてギザギザの東洋品種はアクの少ない品種です。

10
ほうれん草の色が濃くなり、量が減ってきたら味見をし、塩、コショウで微調整します。 今回の記事をぜひ参考にして作ってみてくださいね。

シュウ酸は、水に溶けやすい性質を持っているので、下茹ですることで取り除くことができます。 もちろん下茹でしてからソテーする方がよいと思えば、下茹でしましょう! 動物性タンパク質と一緒に食べると、ほうれん草の栄養素の吸収率がアップします。

ここで、おいしいほうれん草のソテーの作り方を紹介します。

それでも渋みやえぐみが気になる人は気になってしまうもの。

10
にんにくを少しきかせること、酒で蒸らしつつ火を通し、醤油で味付けすることがポイントとなります。

ニンニクフォークで少しだけ香りを移すことで、ほのかに香るけど、ニンニク臭くなくなります。 つまり、下茹でをすることであくを取り除くことができ、渋みのないソテーが作れます。

6
これまでInternet Explorerにておいしい健康を閲覧いただいていた皆様には、ご不便ご迷惑をおかけいたしますことお詫び申し上げます。

多めの油で炒めましょう! 3. また、直売所等で手に入る採れたてのほうれん草はあくが少なく、下茹でせずに炒めてもおいしく食べられます。 塩・こしょうをすると水分が出て、フライパンの中が水っぽくなるので、盛りつける時に水気を切るようにすると、美味しくいただけます。

油分でコーティングしてアクを流出させない アクの成分であるシュウ酸が水溶性なので、油分でコーティングして、流出を防止させます。