金蔵と出会ったきっかけは、金塊をめぐる争いで負傷していた「ベアトリーチェ・カスティリオーニ」を金蔵が医院にかつぎこんだことから。 実際に、episode6のお茶会では小此木への報告電話でそれが真実であることを示唆するようなやり取りを行っている。 2010年12月31日コミックマーケット79にて頒布。

19
本来ならば長女のため、家督を継ぐ立場にあった。

「悪魔の証明」のルールの元では、相手の仮説に飲まれて先に心が折れた方が敗北となる。 「ワルギリア」という名前はepisode3で戦人と邂逅した際、名前がないと不便だからと便宜上名乗ったものであり、episode6では「プブリウス・ワルギリア・マロ」と称している。 魔法理論 [ ] 六軒島の事件においては魔女や魔法の影が常にちらついているが、これらは曖昧模糊としたものではなく、明確な理論や思想の元に存在するものとなっている。

19
階級は一等大司教であり、通り名は「 十の楔のドラノール」または「 死刑宣告のドラノール」。 ベアトリーチェが各ボトルメール毎に展開や被害者を決めてるので EP毎に内容が変わるのはそのためです。

ep1、2は事件を起こした犯人であるヤス ベアトリーチェ、紗音、嘉音と同一人物 が手掛けた架空の物語です。 episode7にて長い時間をかけ、かつて自分が犯した過ちを悔いるようになり、密かに生き延びていた娘が使用人「ヤス」として六軒島で働いており、最初に自分の掲示した碑文の暗号を解いたことを知り、親子としての再会を果たして静かに世を去った。 しかし島に着いた縁寿を待っていたのは、右代宮家の莫大な財産を狙う須磨寺霞の襲撃だった。

1
略称は「 うみねこ」。

『うみねこのなく頃に 真相解明読本 Episode5』P109より。 この和解金の為に絵羽や楼座と結託することになる。 episode6で、そもそも真里亞の父親とは入籍しておらず、「夢のためにアメリカに行く」と言い残して行方不明になったとしている。

戦人からは「霧江さん」と呼ばれており、母と云うよりは姉のように慕われている。

EP7で、喘息発作はかまってほしいときや、場の悪い空気を変えたい時にわざと咳き込んでいたのが癖になってしまったもので、喘息というわけではないことが判明。

16
「黄金の剣」を用いることで、赤と青の二つの真実を使用でき、さらには赤で証明できないことも証明できるゲームマスターの特権である「黄金の真実」を使う。 そっちが売れても全部原作側にいきますし、 漫画版に関しても今回のスポンサーKADOKAWAではなく、スクウェア・エニックスが刊行しているのでこっちの利益もない。

ヤスを真の当主と認知しているため、ヤスが起こす事件では常にヤスの共犯者である。 多くのニンゲンが持ち、魔女やそれに類する者からはたびたび「毒素」と称される。

1
面食いで、口癖は「ただしイケメンに限る! 高宮議員、榎本会長 朱志香の学校でのPTA親睦会に来ていた、蔵臼夫婦と知り合いの要人たち。