(注1)中小企業者等とは、青色申告法人である、中小企業者又は農業協同組合等をいいます。 イ 生産性向上設備 次の イ 及び(ロ)の要件を満たす機械及び装置、工具(測定工具及び検査工具に限ります。 自動車整備• 常時使用する従業員数が1,000人以下の個人• ただし、その税額控除限度額がその事業年度の法人税額の20%相当額を超える場合には、控除を受ける金額は、その20%相当額が限度となります。

活用できる措置は、「即時償却」と「税額控除」です。 (2)中小企業等経営強化法• この税制措置は、平成30年7月9日から令和4年3月31日の間に取得したものが対象で、特例を受けるための手続きは以下の通りです。

国内への投資であること。 )に該当するものは除かれます。

4-1. また導入する設備のタイプとして、A類型、B類型、C類型の3類型があります。

3 特別償却の適用を受けるためには、確定申告書等に償却限度額の計算に関する明細書及び経営力向上計画の写しと経営力向上計画に係る認定書の写しを添付して申告する必要があります。 30万円以上の工具• 特に国内企業の9割以上を占めている中小企業が、生産性を上げ事業を拡大したり海外進出をしたりと、長期的に発展していくことが重要なポイント。 適用要件 「生産等設備」を構成する「特定経営力向上設備等」のうち、 一定規模以上のものを取得等し、 その設備を国内にあるその法人の指定事業の用に供した場合。

16
(6)独立行政法人中小企業基盤整備機構法 中小機構の業務に、経営の革新を行う事業者等に対する助成を追加します。

また、税額控除の適用を受けるためには、控除を受ける金額を確定申告書等に記載するとともに、その金額の計算に関する明細書及び経営力向上計画の写しと経営力向上計画に係る認定書の写しを添付して申告する必要があります。

15
中小企業投資促進税制 上述以外に中小企業に対する投資優遇税制の中に、中小企業投資促進税制があり、平成29年度税制改正により、対象資産から器具備品が除外され、 適用期限が2年延長(平成31年3月31日まで延長)となりました。 特別償却の種類 対象法人、 対象設備の範囲等 限度額 特別償却等 税額控除 中小企業者等の機械等 平成10.。

電気通信• )内に、新品の特定経営力向上設備等を取得又は製作若しくは建設して、国内にあるその法人の指定事業の用に供した場合に、その指定事業の用に供した日を含む事業年度において、特別償却又は税額控除を認めるものです。

6
法的支援 中小企業等は、会社の合併や分割または譲渡など、事業の承継などに関してさまざまな法的支援を受けられるメリットがあります。 大枠をお伝えすると、経営力向上計画の認定を受けた事業者は、 計画実行のための支援措置(税制措置、金融支援、法的支援)を受けることができるようになります。

様式も定められており、そこに記入していけば策定することができます。

4 適用対象資産 この制度の対象となる資産(以下「特定経営力向上設備等(注3)」といいます。