現在に生きていたら、アクアリストの憧れの怪魚になりそうです。

1
顎は大きく、針のように鋭い、長さ数センチの歯が生えている」と説明している。 その顔貌から「・フィッシュ」と形容されることがあるが、これもイクチオデクテス亜科に共通する特徴である。

これらの標本は()に展示されている。

10
場所とは沖のことである。

122 xsd:integer• 少し前に謎のパイクで入荷したのはアタバポだったんですね。 is of• 種小名 audax はで「勇猛な」の意。

9
階級未定の。

丸顔のタイプはあまり人気がありませんが、繁殖も容易で面白い種だと思います。

16
Xiphactinus audax (生態復元想像図)• 通常は標準体長が採用されるが、ここでの確証は無い。 1997 "Xiphactinus vetus and the Distribution of Xiphactinus Species in the Eastern United States" Journal of Vertebrate Paleontology 17 3 :610-615 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

Xiphactinus audax (生態復元想像図)• 魚の化石。 階級未定の。

釣れる色はサイトに書いてある。 シファクティヌス(クシファクティヌスとも称、学名:genus Xiphactinus)は、約1億1200万— 約7060万年前(中生代白亜紀前期末期アルビアン[en] - 後期終盤カンパニアン)の浅海(北アメリカ、ヨーロッパ、および、オーストラリアの浅海域)に棲息していた硬骨魚類の一種(1属)。

生物的特徴 [ ] 分類 [ ] 系統分類 [ ] ()のであり、イクチオデクテス亜科 に分類される。

7
複数の資料で示されている数値の食い違いを正す目的で、が主な研究拠点であると考え、フィートを基準としてメートル換算。

(シファクティヌスの一種) 分類:条鰭綱 新鰭亜綱 真骨区 アロワナ上目 イクチオデクテス形目 時代:中生代 白亜紀後期 体長:6m 発掘地:アメリカ カンザス州 学名の意味:剣のうろこ 白亜紀のお魚さんは怖い顔 シファクティヌスは白亜紀後期の海にいた魚です。 体長14m。 条鰭綱• 口腔に夥しい数の細かく鋭利なを有し、歯列は不規則である。

5
シファクティヌス• こうした出土例の有名なものとして、化石発掘家()がにの後期白亜紀層にて発見した化石、通称 "fish-within-a-fish (フィッシュ・ウィズイン・ア・フィッシュ)" がある。

30 mの() 、および、6 m超えの個体も存在する最大種が含まれるが、これらは全て「・フィッシュ」との俗称でも呼ばれる高いを特徴とした魚である。 ただ、口を非常に大きく開くことができる点で両者はイクチオデクテス亜科の特徴を共有している。

11
【翻訳編集】AFPBB News. これまでシファクティヌスの化石は北半球でしか見つかっていなかったが、最近になってベネズエラで1例が発見されていた。