(旧操作では画面下から上にスワイプ) 画面上の矢印部分、月マークの部分で「おやすみモード」のONとOFFを切り替えます。 iPhoneを再起動してみる iPhone自体に不具合が起こっていて、音が出ない場合もあります。 iOSのバージョンが11より古い iOS10以下のバージョンを使用している方も少ないとは思いますが、この画面収録はiOS11から始まった機能なので、もしiOS10以下だった場合はアップデートをしましょう。

19
修理前に準備すべきこと iPhoneを修理へ出す前に、準備しておいてほしいことが2つあります。 収録した音声が出ない原因と対処法 これもiPhone側の設定によるところが多いです。

これも確認。 目詰まりすると接触不良が起こって音が聞こえなくなります。

3
やり方:iPhoneホーム画面で「設定」 > 「Bluetooth」 > スイッチをオフにします。 ソフトウェアのバージョンは以下の方法で確認してみてください。

そのためiPhoneやiPadで再生された音はヘッドフォンから聞こえてくるなんてことも。 iPhoneの音量設定を確認するには、 iPhoneの「ホーム」画面を開き、「設定」をタップします。

20
iPhoneでBluetoothの接続をOFFにするか、Bluetooth機器の電源をオフにする事で解消されます。

Apple公式の修理サポート『Genius Bar』へ問い合わせる事が基本ですが、iPhoneの非公式な修理業者でもスピーカー交換等の対応はしてくれます。

8
消音モードがオンになっていない場合は、 iPhoneの音量レベルが下がっている可能性があります。 「サイレントモード」になっていないか確認する• それでも直らないようであれば故障の可能性が高いため交換や修理に出しましょう。

スピーカー部分にホコリが溜まっている スピーカー部分にホコリが詰まっているなど、目詰まりしていることが原因で音が聞こえにくくなっている可能性があります。 言語設定を変更(日本語以外にして日本語に戻す)• 画面のようにボタンが水平状態ならばOFFの状態。 また、音楽を再生する時にも、iPhoneのスピーカーから音楽が鳴るようになっています。

4
。 充電ケーブル差込口を掃除する イヤホンジャックなどを掃除するのは、 ホコリが詰まっていてイヤホンが刺さっていると誤認識させないためです。

この場合は、基本的には交換ですが、スピーカーボタン(音量ボタン)を症状が発生している時に押す事で通話できるようになります。 左:ネットワーク設定のカードを長押し 中:Bluetoothマークを長押し 右:ペアリング中の機器には「接続済み」と表示される コントロールセンターにあるネットワーク設定のカードを長押しし、追加オプションを表示します。 また、ソフトウェアのアップデートを行ってない場合、それが原因で不具合が起きているかもしれません。

13
iPhone画面録画ができない・音ズレ原因を徹底解説!iOSが原因? iPhoneの画面録画とは iPhoneに移っている映像や操作の流れを丸ごと録画してくれる便利な機能です。

しかも、AnyTransは以下のの特徴もあります:• 1つずつ原因を解消するごとにこの機能で音が出るか確認しましょう。 サイレントモード(マナーモード)になってしまっている iPhoneがサイレントモードになっている可能性があります。 動画の再生が滑らかでなくなると音声とのズレがどうしても発生するみたいです。

スイッチ部分にオレンジ色のラインが見えるときは消音モードに設定されています。

端末を紛失してしまったときに、情報の流出防止のために備えられた機能です。

18
サイレントモードのオン/オフはiPhone本体の側面の「着信/サイレントスイッチ」で切り替えられます。