具体的な保障内容としては、亡くなったときには「収入保障年金」、重い障害を負ったときには「高度障害年金」を受け取れます。 契約可能年齢 20歳~60歳 健康優良体割引 無 保険金額 5万円~ (1万円単位で設定可能) 保険期間 55歳・60歳・65歳・70歳 最低保証期間 2年・5年 保険金受取方法 毎月受取・一括受取 払込期間 55歳・60歳・65歳・70歳 払込方法 月払 払込経路 口座振替扱・クレジットカード払扱 主な特約・特則 リビングニーズ特約 保険料の安さ 4. ・保障内容 被保険者が死亡または、所定の高度障害状態となった場合に保障される点は、収入保障保険、定期保険ともに同じです。 個別に就業不能保険へ加入することも検討の余地アリですが、収入保障保険に特約として付加したほうが保険料を安く抑えられることも。

4
場合によっては、亡くなるよりも恐ろしいリスクだと言えるかもしれません。

たとえば、 30歳女性では多くの保険会社が3,000円台半ばの料金設定でしたが、この商品は唯一の2,000円台というのは驚きの結果です。

19
・被保険者死亡時に課税される税金 被保険者である夫の死亡時には、年金受給権評価額(一括で受け取る場合の保険金額)が、相続税の課税対象となります。

脳卒中:継続20日以上の入院、または手術したとき。 収入保障保険が何歳まで必要かについては、妻が65歳になるまでというのが、ひとつの考え方です。 投票数の多い商品からランキング形式で掲載。

18
その上で、この商品を選んだポイントとなったのは、保険料の払込方法を選べる点です。

特に非喫煙標準体の女性で、就業不能特約も一緒に検討したい人は、必ずチェックしておくべき商品です。 さらに、保険料が少しずつ安くなっていく「だんだん減」にすることで、払込総額をさらに少なくすることができる点が気に入っています。

収入保障保険にかかる税金は、受け取り方によって変わります。 なんですが、まだまだ数は少ないものの、馴染みがないのでどれを選んでいいのかよくわかんないですよね。

喫煙健康優良体の人が、積極的にこの商品を選択する理由は見あたりません。 そうなると、できるだけ最低保証期間は長くしておいたほうが得なような気がすると思います。 と、その前に、説明を分かりやすくするためにここからの解説は平均的な4人家庭を例としていきます。

8
必要な保障はそのままで、保険料が安くなるかもしれません。

一家の大黒柱にもしものことがあった場合でも、このような保障があると安心ですよね。 タバコを吸わない方で血圧・BMIが標準値(健康体割引が適用される方)なら、FWD富士生命「FWD収入保障」が最安値。 他には何もありません。

そのようなケースをカバーする保険が、就業不能保険(または特約)です。